あなたは今、パソコンを眺めつつ頬杖をついたりしていませんか?

例えるなら…あなたは今、パソコンを眺めつつ頬杖をついたりしていませんか?実はこの姿勢は手のひらからの圧力を直接ほっぺたに当てて、繊細なお肌に不必要な負担をかけることになります。
美白もしくはホワイトニングは、黒色色素が少ない、更に明るい肌を理想に掲げるビューティー分野の価値観、或いはそんな状態の皮膚そのものを言う。大抵は顔の肌について採用される。
本来、正常な皮ふのターンオーバーは4週間のサイクルになっていて、365日細胞が誕生し、毎日毎日剥落し続けているのです。これらの「毎日の生まれ変わり」によって人の皮膚は若々しい状態を保っています。
細胞が分裂する活動を活発にし、皮膚を再生させる成長ホルモンは昼間の活動している時間帯は出なくて、夕食を終えてゆっくりと体を休めくつろいだ状態で出ると言われています。
体に歪みが発生すると、内臓と内臓が押し合い、他の内臓も引っ張り合うので、位置異常、臓器の変形、血液や組織液の生成、ホルモン分泌にもあまり望ましくない影響を及ぼすのです。

健康体に起こる浮腫

健康体に起こる浮腫だが、これはごくごく自然なこと。なぜか女性は、ふくらはぎの浮腫を嫌がっているが、人なら、下半身がむくんでしまうのはいたって自然な状態なのでそこまで神経質になる必要はない。
多くの人々が「デトックス」の虜になってしまう理由の一つは、日本人が暮らしている環境の汚さだ。大気や土壌は化学物質で汚染され、食材には作用の強い化学肥料や有害な農薬がたっぷり使用されていると宣伝されているのだから無理もない。
ホワイトニングというのは、メラニン沈着が少ない、ワンランク上の白い肌を重視した美容上の哲学、あるいはこのような状態の皮膚そのものを指している。主に顔面の肌について使われる言葉である。
この国では、肌色が透き通るように明るくて黄ぐすみや茶色いシミが出ていない状態を目標とする価値観が前から存在していて、「色の白いは七難隠す」ということわざがそれを裏付けている。
皮膚の乾燥の主因の一つである角質細胞間脂質と皮脂の量の低減は、アトピー患者のように遺伝子によるものと、逃れようのない加齢や基礎化粧品や洗浄料による後天性の要素によるものの2種類があります。

特に22時~深夜2時までの4時間は皮ふのゴールデンタイムと呼ばれており、お肌の生まれ変わりが一番促進されます。この4時間の間にベッドに入ることが何にも勝る肌の美容法ということは間違いありません。
クマを消したいと思った挙句にフェイシャルマッサージをする方がいますが、こと目の下の皮膚は薄くて弱いので、雑に擦るように力をかける乱暴なフェイシャルマッサージは止めておいたほうが良いでしょう。
なんとかしてキレイに見せたいと考えてやみくもにフェイシャルマッサージをする方がいるようですが、ことさら目の下は弱いので、強く大雑把な乱暴なフェイシャルマッサージは悪影響をもたらします。
内臓の元気の度合いを数値で確認することができる嬉しい機械があります。『ノイロメーター』という名前を持った機械で、自律神経の様子を測ることで、内臓のコンディションを確認しようという革新的なものです。
美容外科(Plastic Surgery)というのは、人間の体の機能上の損壊や変形を矯正することよりも、専ら美的感覚に基づいて人の身体の外観の改善を図るという医療の一種で、自立している標榜科目だ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする