文字サイズ小さく文字サイズ大きく 文字サイズ標準

HOME > 運営指導員からのお知らせ

 前略 東北大の渡辺でございます。東北関東大震災から、1ヶ月半が過ぎました。まずは、「コアSSH採択」おめでとうございます。担当の讃岐先生をはじめとする錦江湾高校のみなさまだけでなく、参加校のメンバー全体でのactivityが評価されての採択だと思っております。今年度もよりよい形で次につながるようなサポートをしたいと思っております。

 さて、仙台の町中など、少しずつ普通に近い状態になりつつあります。コンビニが24hr開いているところが、ずいぶんと多くなりました。昨日からは、東北新幹線が通常ダイヤの80%程度で、時間が30minほど余計に係りますが、東京までつながりました。少し地震の影響から回復している感をつかめるようになっております。一方で、人災とも言われておりますが、福島原発の方は収束がどこに来るのか、はっきりしたことが見えず、アブラナ科作物の収穫時期に、放射能汚染により、畑にすき混まれているのを見ると、心が痛みます。ただ、アブラナ科作物は、「セシウム」を吸収する能力が高いらしく(細かなことは、渡辺のHPの記事をご覧下さい)、収穫して、種にある油は、バイオディーゼルとして使えると言うこともあり、注目を浴びつつあるようです。ことの成り行きを見ながら、このコンソーシアムで何ができるのかも考えることができればと思います。あるいは、夏の会議の時に、そうしたお話もしたいと思います。

耐病総太り花100413.jpg 本題になりますが、3/22に、東北大で行われる予定でした、日本植物生理学会「高校生生物研究発表会」の要旨はすでにお手元に届いていると思いますが、その発表会の最後に、評価をして表彰をすると言うことを行う予定でした。残念ながら、できませんでしたが、讃岐先生の記事にもありましたように、各個人の発表の表彰に加えて、コンソーシアムへの表彰が行われました。その賞状と参加校に対して、賞品として、日本植物生理学会が編集しております、「植物まるかじり」という5冊組みの本を一式、発表参加校に贈ることになりました。その1冊の中に、渡辺の記事もあります。ぜひ、ご覧下さい。

 予定より早くなったのは、仙台が大きく被災したと言うことで、学会本部(京都)の方で全面的なバックアップをいただき、予定より早い発送となりました。被災地仙台からではこうは行かなかったと思います。会を企画した側としては、感謝の限りです。それで、早いところは、今月中、遅くても、連休の谷間には手元に届くのではと思います。届きましたら、各校の研究活動のところなどに、感想などをuploadいただければ、幸いです。

 皆さんの無事と健康を祈りつつ。。


 わたなべしるす

ページトップへ

 前略 東北大の渡辺でございます。東北関東大震災から、2週間近くたとうとしています。本当なら、3/22に、東北大で行われる予定でした、日本植物生理学会「高校生生物研究発表会」については、学会の方で、学会そのものは仙台で行われなかったですが、学会の方の判断で、発表の要旨などが公開できていることで、学会としては行われたことになりました。もちろん、「高校生生物研究発表会」も。発表する場所などについては、また、別途、考えたいと思いますが、要旨集は、近日中に学会の方から、皆さんの手元に届くようにします。表彰状、植物に関する本については、夏の発表会の時に、お渡しできるように考えたいと思いますので。それまでお待ちください。できるだけ、発表するチャンスがあった方が良いですから。

DSCN0289.JPG 発表要旨ですが、学会のHPからdownloadできます。少し重たいのが、通信が良くないところでは大変かもしれません。同じ学校の方は、学校が始まったら、お互いに譲り合ってください。

 皆さんの無事と健康を祈りつつ。。


 わたなべしるす

ページトップへ

ダイコンコンソーシアムのみなさまへ

前略 東北大の渡辺でございます。植物生理学会の高校生発表会は、ちょうど、今日行われる予定でした。外は、涙雨のように小雨が降っています(井伏鱒二の「黒い雨」というほどではないですが、放射性物質を含んだ雨だと思います。。。。)。どうやってかえるか、頭を抱えています。

ご存じかもしれないですが、学会そのものは成立しており、みなさまの発表は、行われたことになります。東北地区をのぞいて、近日中にみなさまのところに、発表の冊子が届くと思います。賞状などは、夏の会議の時だと思います。お待ち下さい。

さて、このたびの震災では、みなさまにご心配をかけました。詳しいことは、研究室のHPに記し続けることとして、コンソーシアムの先生方、生徒さんから、ご心配のmail、電話をたくさん頂きました。どれだけ励みになったことか。ありがとうございました。

まだ、新幹線も飛行機も使えず、陸の孤島です。大学も連休明けにならないと始まらないような気がします。ガスもあと1-1.5ヶ月市内としない全域に亘りません。コンソーシアム関係の学校のみなさまで、東北大に合格された生徒さんもいるのではと思いますが、そういう状況です。

また、皆さんとお会いできるのを楽しみにしております。まずはお礼申し上げます。


わたなべしるす

ページトップへ

ダイコンコンソーシアムのみなさまへ

前略 東北大の渡辺でございます。発表会に向けて準備で忙しく、また、年度末の定期試験で忙しいのではないでしょうか。それよりも、3年生の受験の結果待ちという状態でしょうか。指導されてきた先生方は落ち着かないのではと思います。こちらは、大学院を主にcareしているので、学部の状況がよくわかりません。申し訳ありません。

さて、3/22(火)となりました、第52回日本植物生理学会年会特別企画「高校生生物研究発表会」ですが、今までのお知らせ、HPでは、

ポスター発表から、表彰式までを、 C201-C202(高校生ポスター発表会場)としてありました。ところが、発表演題数も70題というこれまでにない演題数となり、参加者が、200名を超えることが予想されることから、12:30-13:00に予定されている、「表彰式、閉会式」をZ会場(C200)でおこないます。

くわしいことは、

高校生生物研究発表会のHPから、ご覧ください。

にありますので、ご覧ください。

では、仙台でお待ちしております。

わたなべしるす

PS. 近いうちにプログラムと要旨も大会HPにupしますので。そのときは、お知らせをまたします。

DSCN0240.JPG

ページトップへ

 自分で、自分の宣伝をするのは、少々(かなり。。。。)恥ずかしいですが、2/3のプレス発表もあり、ご報告申し上げます。

 このたび、第7回(平成22年度)「日本学術振興会賞」を受賞という知らせを頂きました。みなさまも、SSH活動などで様々な受賞をされていると思いますが、若手研究者に贈られる賞で、研究面だけでなく、みなさまとの活動である、アウトリーチ活動も評価されたものと思っております。これからも、このコンソーシアムがより発展するように尽力したいと思いますので、よろしくお願いいたします。

 なお、受賞タイトルは、「アブラナ科植物の自家不和合性における自他識別責任遺伝子座の同定と分子識別機構の解明」です。

 詳しくは、渡辺のHP日本学術振興会賞のHPをご覧ください。

 授賞式は3/3に、東京で行われます。また、そのときのことは、お知らせします。


DSCN0006.JPG わたなべしるす

 PS. HPへのトラックバックもしなくてはと思いつつ。。。。少しお時間を。。

ページトップへ

Prev 1  2  3  4  5  6

ページトップへ

Special Thanks!

独立行政法人 科学技術振興機構 文部科学省 鹿児島県教育委員会

鹿児島大学 東北大学 九州大学 三重大学