文字サイズ小さく文字サイズ大きく 文字サイズ標準

HOME運営指導員からのお知らせ > 2011年8月 アーカイブ

2011年8月 の記事を表示しています

 前略 東北大の渡辺でございます。8/18-19の会議はご苦労様でした。いつもの参加校、初めての参加校といえども、世代代わりをして、先輩のdataを元にこれからがんばろうというのが、よく伝わってきました。ダイコンの生育には、まだ、少し暑いのかもしれないですが、冬の成果発表会を楽しみにしております。

 それぞれの高校で発表の内容、プレゼンのやり方など、違っていたと思います。また、この発表はすごいなとか、自分たちもがんばらないといけないなとか、いろいろ感じるところがあったと思います。1つの高校の中だけだと、自分たちの研究というか、自分の立ち位置というか、そういうことがわかると思います。でも、こうした発表会で、全国のみんなが集まることで、自分たちよりもすごいものがあるなと気がつくことがとても大切です。そうした研究を目指して、努力することが研究において大事なことだと思います。もちろん、研究以外でも。これが世界に出ればもっとすごいことはいっぱいになります。

DSCN0946.JPG それから、プレゼンをするとき、次の成果発表会から、ぜひトライしてほしいことが。それは、発表をするとき、聴衆の方を見ないで、投影されているスライドのどの図、表などを意味しているのか、そうしたところを、たとえば、レーザーポインターなどで、指し示しながら、説明することを覚えてください。大学に行くと、国内外の学会に参加します。すでに参加したことがある人もいるかもしれません。そうしたとき、そのスライドのどこを見ればよいのかが、こうしたプレゼンをすれば、聞いている方はよくわかります。しゃべっているヒトは、実験をしたヒトなので、その内容をすべてわかっていると思いますが、聞いている人は、そんなことはありません。聞いている人の側に立って説明してあげることが大切です。少し難しいことですが、ぜひ、トライしてみてください。

 夏も少しずつ涼しくなります。今日の仙台は雨で、気温は、19oCとか。。秋らしくなりつつあります。ダイコンの生長と一緒に、皆さんも大きく成長するのを楽しみにしています。


 わたなべしるす

 PS. 渡辺の研究室のHPにも、この研究会翌日の出前講義のことを記してあります。時間のある方は、ぜひどうぞ。

ページトップへ

1

ページトップへ

Special Thanks!

独立行政法人 科学技術振興機構 文部科学省 鹿児島県教育委員会

鹿児島大学 東北大学 九州大学 三重大学