文字サイズ小さく文字サイズ大きく 文字サイズ標準

HOME > 各校の研究活動

賞をもらえないと思ってました

2014.12.23 [鹿児島]錦江湾高等学校

皆さんど~も錦江湾の森です
今日は、12月21日に一般財団法人WNI気象文化創造センターが主催した
『気象観測機器コンテスト』のお話しようと思います。
南極観測船SIRASEであったこの大会結果は・・・・
天文物理部が佐々木賞で来年の7月にオクラホマ大学に
私たちは最優秀賞で賞金20万円をゲットしました!
IMG_1202.JPG

ページトップへ

わくわく実験教室 in 市立科学館

2014.12.22 [鹿児島]錦江湾高等学校

皆様大変遅くなりました。
コアSSHで行った実験教室についての更新です!
今回の実験教教室では各校の連携がさらに深まったと思います。
これからも、各校切磋琢磨して皆様の研究がさらに発展することを心からお祈りしています。

ページトップへ

鹿児島 第2回研究会 その2

2014.12.19 [石川] 小松高等学校

鹿児島の研究会お疲れ様です。顧問がSSHの海外研修で韓国へ出張していたため記事のupが遅れました。申し訳ございません。

aklsdhkjsgd.JPG

こんにちは。鹿児島から石川へ帰ってきたら、早くも雪が積もっていてビックリした新田マです。
今回は、先日のコアSSH研究会での反省と感想を書こうと思います。

bkshjgaoudd.JPG


私が発表した源助ダイコンについての研究では、まず自分たちの要旨作成・ポスター作成ともに時間をかけすぎて完成が遅れたことです。計画的に進めていくのは何をするにしても大切なことなので、期限はしっかり守らなければいけないと思いました。


ckljahghjsdgjs.JPG発表内容も、全体的にまとまりがなく、大雑把な発表になっていたのではないかと思います。聞き手のことを考えた発表を心がけようと思いました。
自分にとってかなり反省点の多い発表でしたが、今回の発表で、これからの研究の方向性が少し見えてきたのではないかと思います。また、次の発表に向けてがんばっていきます。

dkahjkfsgjs.JPG
生徒交流会の小学生向け実験教室では、私はイオンペンの実験を担当していました。講座の進め方が普段学校で行うものと少し異なっていて、最初は不安だった点もありましたが、一度、錦江湾高校の生徒の方が教える様子を見たら流れがわかったので、私もいつもの調子で小学生に教えることができました。この小学生向け講座で得たことは、今後の自分たちの講座でも活かしていきたいと思います。

ekalhsjaga.JPG

ページトップへ

鹿児島 第2回研究会 その1

2014.12.19 [石川] 小松高等学校

鹿児島の研究会お疲れ様です。顧問がSSHの海外研修で韓国へ出張していたため記事のupが遅れました。申し訳ございません。

ajkghdkjg.JPG

こんにちは!!多くの荷物、おみやげ(大根)を持ったことにより筋力があがった?星野です。先日の発表会はお疲れ様でした。鹿児島では色々な経験ができてとても楽しく、学んだことが多かったです。

blsdkhsjg.JPG

僕は小松高校が実施している小中学生講座について発表しました。ポスター発表はこれで2回目ですが、前のポスター発表の時よりも緊張せず自分の言葉で発表できたと思います。あと、ポスター製作は初めてでしたが、ポスターを1から作ることが難しいことがよく分かりました。今後はもらったアドバイスより今後の展望が分かったので、発表をもっと中身の濃いものにしていきたいです。

ckhsdjghkjgs.JPG

自由研究講座では、小松高校が実施している自由研究講座での経験がとても役に立ったと思います。最初は「入館料に値することをしないと」と思い、緊張していましたがやっているうちに、緊張が解けて、いつものテンションになっていました。ですが、緊張している時、ぜんぜん自分の担当した実験についてうまく教えることができなかったので、なるべく緊張しないようにするか、緊張してもすぐにもとに戻ることが自分にとって必要と思いました。自分が担当したブースの人と仲良くなれてとても良かったです。

dkhakjgakjg.JPG

発表会と自由研究講座は全体的にとても楽しかったです。他校の発表の仕方やポスターの書式はとても参考になるものばかりだったので、パクリはしませんが(笑)工夫の1つとして取り入れていきたいです。とても充実した日を送れて本当に良かったです。ありがとうございました!!

ekhajkgasss.JPG flkauhkgdldhkj.JPG

ページトップへ

源助ダイコンが紹介されました

2014.11.26 [石川] 小松高等学校

こんにちは。小松高校の寺岸です。
最近は生徒たちが記事を書いていたので、久しぶりの登場になります。
12月の研究発表会に向けて、生徒たちは膨大なデータをまとめるのに必死で、分析までたどり着いていません。もちろん、要旨もポスターも取りかかれていません。


 

aklhjadg.JPGそして、12月6日は石川県の生物関係の発表会である「いしかわ高校生物のつどい」での口頭発表もあります。こちらのPPTも、もちろん まだ です。
そして、今はテスト期間のため、活動休眠状態です。とはいえ、1日1時間だけ活動ができますが・・・下手をすると、初の要旨、ポスター無し。ボードの前で、話すだけの発表にもなりかねない状況です。
ということで、生徒たちが記事を書くヒマもないので、こちらで記事を書きます。

gensukehgajajgakhj.JPG
本当は、事前にお知らせできればよかったのですが、11月20日7時30分から、TBSテレビ「朝チャン」の「ド旬ハンター」のコーナーで、石川県の源助ダイコンが取り上げられました。
源助ダイコンは、金沢市の松本佐一郎さんが品種改良を重ねて作出したダイコンで、現在も松本家で系統維持をしています。肉質が軟らかく、キメが細かく、煮崩れしない、おでんに最適なダイコンです。

bl;;jsdkldh.JPG
本校生物部では、今年度、松本佐一郎さんのお孫さんにあたる松本充明さんの圃場で播種、計測、収穫をさせていただきました。(記事up済)

clj;sklhjsg.JPG
そんなこともあり、TBSの方から「源助ダイコンのおいしさの秘密を、感想ではなく、データで示せるものが欲しい」と相談を受け、生物部で撮影した写真を何枚か提供させていただき、そのうちの何枚かを放映してくださいました。

housoutbs.JPG
この放送のために行った実験は、源助ダイコンと青首ダイコン、それぞれに切り花着色材を吸わせて、皮層を剥いて維管束を露出させるというものでした。

dklshd.JPG
本校がこれまで行ってきた「ダイコン」と「レインボー植物」の両研究の融合のようなもので、今後、どちらの研究にも活かせそうな手法を発見したような気がします。

eklhsdjgjag.JPG fkklsdhskjgsa.JPG gklkahjksgd.JPGこのような機会を与えてくださった、TBSのディレクターさんに感謝いたします。
源助ダイコンの旬は、12月いっぱいくらいです。機会がございましたら、是非、お召し上がりください。
ちなみに、源助ダイコンの種子はいろいろな種苗会社さんから発売されています。松本さんが作る、本家の源助ダイコンとは系統が異なりますが、よく似た美味しい大根が収穫出来ますので、来年の8月末、播種されてみてはいかがでしょうか?

iklasdkhjgs.JPG顧問の実家の圃場では、9月20日前後に播種したダイコンの収穫を始めました。学校の圃場も、試験明けに収穫を開始する予定です。

jjghafghasf.JPG

khadjkga.JPG

ページトップへ

Prev 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

各校の研究活動 トップへ

新着コメント

From:刈谷高校(10/29)

新しいITC(イソチオシアネート)の測定方法

From:愛媛県 北条高校 田中(06/23)

4.26PM おもしろ実験教室 交雑編 ダイコン

From:小松高校 新田マ(06/06)

ハイレベル実験教室 アルコール分解酵素 

From:小松高校 越田(06/06)

新入部員の 越田 です

From:愛媛県 北条高校 田中(05/14)

新入部員の 越田 です

From:愛媛県 北条高校 田中(05/12)

ハイレベル実験教室 アルコール分解酵素 

From:愛媛県 北条高校 田中(05/12)

おもしろ実験教室 顕微鏡編 4.12

From:愛媛県 北条高校 田中(05/01)

守口ダイコン収穫

From:小松高校 新田マ(03/25)

2014年度 せいぶつ実験教室 3.15

From:小松高校 新田マ(03/24)

2.11 自由研究のヒント講座 顕微鏡編

検索

ページトップへ

Special Thanks!

独立行政法人 科学技術振興機構 文部科学省 鹿児島県教育委員会

鹿児島大学 東北大学 九州大学 三重大学