文字サイズ小さく文字サイズ大きく 文字サイズ標準

HOME > 各校の研究活動

守口ダイコン収穫

2015.03.27 [石川] 小松高等学校

こんにちは。小松高校の寺岸です。
今日はジュニア農芸化学会。会場では、ダイコンメンバーの仙台第一高校、観音寺第一高校、住吉高校、福山高校のみなさんとお会いできました。みんな、来年度のダイコン継続を心配しつつ、研究に必死に取り組んでいる様子でした。学会自体の記事は、後日、星野君が書くと思います。

romane12.JPG

morigutitawasyou.JPG
さて「守口ダイコンタワー」を覚えていらっしゃいますでしょうか?今年度は、それをかなりシンプルにした形で、ブロックを組んで、地下60cm、地上40cmらいの花壇のようなタワー?を作ってみました。
昨年度と大きく異なる点は、タワーの形態と、土質が砂であること、ためしに山芋用のクレーパイプを使用してみたことです。

paipujaj2.JPG
今年度は・・・・90cmくらいの守口ダイコンを収穫することができました。
この他にも、いろいろな品種、特に色や形や大きさが異なる品種を育てていたので、それも収穫しました。桜島大根は大失敗です。土質が砂であることがその一因かもしれません。いつもはハンドボールくらいのサイズが獲れていたのに・・・

morigutiklhsj22.JPG
収穫したダイコンは、近隣の幼稚園、保育園、小学校(2校)に配布し、園児さんや児童さんにみていただきました。1人でも多くの子供さんに見ていただき「不思議だな」「おもしろいな」「どうなっているのかな」と思っていただけたらと思います。

daikonnsuuaou.JPG
DSCF8259.JPG
圃場ではすでにダイコンやカブ、カイラン、ブロッコリーが開花し始めています。品種ごとに咲き始めが違うようで、このあたりもじっくり観察すると楽しいと思います。

ohanaakakabusimadaikon.JPG
DSCF8257.JPG

ページトップへ

お食事会!!

2015.03.27 

どうも、化学研究部の森&迫田です。
今日は発明くふう展で産業大臣賞を受賞されたので
報告会も兼ねてNPOまあちゃんのモノ作り育英会 理事長の濱田勝さん達とのお食事会
がありました。
場所は平川海の駅 海沿いにある綺麗なところでした シーサイド平川略してSSHなんつって(笑)
食事もとてもおいしくて特にとりかつや海老もちがサイコーでした。
皆さんの応援に応えられるように頑張りたいです!
RIMG0200.JPG

ページトップへ

部長荒川と副部長中村です。

この度第73回全日本学生児童発明くふう展の経済産業大臣賞を受賞しました。
その授賞式が先日25日にありました。場所は東京の科学技術館です。

その際に発明くふう展の総裁常陸宮殿下、同妃殿下に説明をしました。セキュリティが厳重なため写真は一切禁止でした。
「練習の時は緊張をしましたが、本番2人を前にすると緊張よりもしっかり説明しようという気持ちが湧いてきて頑張れました。」by中村

「表彰式は厳かな空気が流れていました。皇族の方がいる表彰式は「殿下の後に座る」などの決まりがあり緊張しました。そんな中素晴らしい賞状とメダルをいただきました。2年生最後の楽しい思い出を作ることができました!!」by荒川

ページトップへ

文化部発表会 3.20

2015.03.27 [石川] 小松高等学校

こんにちは。新田マです。
3月20日金曜日、小松高校では文化部発表会が開かれました。各文化部が、今年度1年間の成果や、普段の活動内容、パフォーマンスを発表します。
生物部は、パワーポイントを使って毎日の活動内容を発表しました。小松高校生物部の活動は、このダイコンコンソーシアムに載せた記事でご存知のとおり、メインの活動はダイコンの研究で、他に動植物の世話や、小中学生向け講座の開講をしています。

akhdaj.JPG
パワーポイントは、話ばかりだと眠くなると思い、写真を多くのせるようにしました。今までの活動や写真は、ダイコンコンソーシアムの記事にまとめてあるので、それを見て思い出しながら作りました。〆切がせまっていてあわてていましたが、活動が記事にまとめられていたため、短い時間で大まかな形は作ることができました。活動をきちんと記録することは大事だと思いましたし、来年度も続けていきたいと思います。その前にまず、〆切までに余裕を持って作らなきゃいけませんね...。
発表は、部員4人で役割分担して発表しました。まず私から始めて、星野くんに交代します。練習のとき、緊張していたのか、彼は原稿を読みながらずっとへらへら笑っていたので、本番はどうなるだろうかと部員みんなで心配していました。当の本人は「大丈夫ですよ」と言っていましたが...。

bljdhsj.JPG
本番、案の定彼は緊張していて、自分に向かって「落ち着け、落ち着け」とつぶやいていました。発表途中なので、もちろんマイク越しにつぶやいています。客席の人たちは笑っていて、ステージの横に並んでいる私たち他の部員は呆れていましたが、普段どおりの彼の姿に、他の部員は少し緊張が和らいでいたように思います。
その後は順調に発表が進み、最後にもう一度星野くんの出番がありました。原稿では、最後は部員を募集していることを伝えて発表を締めくくる予定でした。本番、彼は突然アドリブで質問コーナーを設けました。突然の質問タイムで誰も挙手せず、発端である彼もどうしたらいいかわからなくなって発表がとまり、私にとっては時間がとても長く感じられました。
動揺した他の部員たちが発表を終わらせるよう言い、やっと彼も持ち直したようで、発表が締めくくられました。
ckshjhfd.JPG
文化部発表会ではこんな感じでしたが、生物部は発表の機会も多いので、人前で話すのに慣れるにはとてもいい部だと思います。来年度は、星野くんが中心となって部を動かしていくので、期待して見守っていようと思います。

ページトップへ

神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞

2015.03.20 [鹿児島]錦江湾高等学校

皆さんお久しぶりです。化学研究部森と迫田です
今回は3月15日に授賞式があった第13回神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞
についてお話しようと思います。
まず、上村 大輔教授の「海洋生物に医薬リードを求めて」というテーマの講演を聞きました
そして各賞の表彰と上位4校によるプレゼン発表
その後レセプションがありました~
上位4校の発表で最も興味深かったのは渋谷教育学院渋谷高等学校の
「パズドラルート回析アルゴリズム」という研究でプレゼンも工夫されており数学に詳しくない
僕でもとても解り易くて学ぶべき点もおおくありました。
また、レセプションでは大学とは思えないほどの料理が出てきたことに驚きました。とてもおいしくいただきました。
IMG_0428.JPG
IMG_0423.JPGIMG_0424.JPG

ページトップへ

Prev 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

各校の研究活動 トップへ

新着コメント

From:刈谷高校(10/29)

新しいITC(イソチオシアネート)の測定方法

From:愛媛県 北条高校 田中(06/23)

4.26PM おもしろ実験教室 交雑編 ダイコン

From:小松高校 新田マ(06/06)

ハイレベル実験教室 アルコール分解酵素 

From:小松高校 越田(06/06)

新入部員の 越田 です

From:愛媛県 北条高校 田中(05/14)

新入部員の 越田 です

From:愛媛県 北条高校 田中(05/12)

ハイレベル実験教室 アルコール分解酵素 

From:愛媛県 北条高校 田中(05/12)

おもしろ実験教室 顕微鏡編 4.12

From:愛媛県 北条高校 田中(05/01)

守口ダイコン収穫

From:小松高校 新田マ(03/25)

2014年度 せいぶつ実験教室 3.15

From:小松高校 新田マ(03/24)

2.11 自由研究のヒント講座 顕微鏡編

検索

ページトップへ

Special Thanks!

独立行政法人 科学技術振興機構 文部科学省 鹿児島県教育委員会

鹿児島大学 東北大学 九州大学 三重大学