文字サイズ小さく文字サイズ大きく 文字サイズ標準

HOME各校の研究活動 > [福島] 福島高等学校 アーカイブ

[福島] 福島高等学校 の記事を表示しています

鹿児島でコアSSH発表会

2014.08.21 [福島] 福島高等学校


本日は鹿児島大学にて北は宮城、南は鹿児島から主にコアSSHに指定されている高校の生徒が集まりそれぞれ発表会を行った。本校ではダイコン班とフラーレン班が参加し、「バイオマスとしての大根の可能性を探る」と「フラーレンの合成」と題し発表を行った。
本校生は前日の20日までが夏休みであり、実力テストをうけてから仙台空港、伊丹空港を経由して鹿児島に到着するという極めてハードスケジュールであった。
とても有意義な時間になり、今後の実験の参考にできそうだ。

P1040502.JPG
          ▲発表をする生徒



ブログ紹介用.JPGのサムネール画像のサムネール画像







ページトップへ

福島高等学校の「平成22年度 ダイコン多様性研究」の研究成果レポートをまとめました。

各研究テーマごとに分かれていますので、下記からダウンロードしてください。

 

 

また、これらの研究レポートは当コンソーシアムの「平成22年度 実施報告書」の中にも掲載されています。

ページトップへ

研究会お世話になりました。

2010.08.25 [福島] 福島高等学校

福島県立福島高校の橋爪です。

 先日はコアSSH研究会に初めて参加させていただき、大変お世話になりました。コンソーシアムのタイトル通り、「ダイコンに関する多様な見方」を生徒とともに学び、とても刺激を受けました。

 本校の提案したテーマは「ダイコンをバイオマスとして捉え、有用物質にトコトン変換する方策を探る」というものですが、錦江湾高校さんのダイコン焼酎ともかなり重なる部分がありますので、今後、是非、意見交換しながら研究を進めていきたいと考えております。また、セルロースの分解についても先生方から「難しい」と言われたのですが、「困難=研究の価値あり」と前向きに捉えて検討してみます。

参加生徒からのコメント

  • 今回のコンソーシアムでは、他の地方の方とダイコンについて話し合うことができ、とても良い経験になりました。また、お互いの意見交換で研究への意欲をさらに高めることができました。とてもよい機会なので、ぜひ、このコンソーシアムが続いてほしいと思いました。
  • 私たちのテーマはダイコンの交配とはあまり関係のないテーマでしたが、他校の交配に関する研究発表を聞くうちにどんどん興味がわいてきました。自分たちの研究を頑張りたいと思うのと同時に、他の研究ももっと聞きたいと思いました。研究活動は難しいところがありますが、お互い、少しでも進展できるように頑張りましょう!

小松高校の寺岸先生 福島のダイコンの情報ありがとうございます。「赤筋」は福島県の会津地方で栽培されているようですね。全然知りませんでした。地ダイコンはたくさんあるんですね。先日も地元の新聞に地ダイコンが載っていました。これから注目してみます。

研究会の様子は本校のHPにもUPさせていただきます。

では、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

 

ページトップへ

1

各校の研究活動 トップへ

新着コメント

From:小松高校 寺岸(09/05)

打木源助ダイコン畑 播種しました。 8.24

From:小松高校 寺岸(09/05)

打木源助ダイコン畑 播種しました。 8.24

From:小松高校 徳井(09/02)

打木源助ダイコン畑 播種しました。 8.24

From:小松高校 久保田(09/01)

第1回 研究会 ありがとうございました。 小松高校

From:小松高校 竹田(08/31)

第1回 研究会 ありがとうございました。 小松高校

From:東北大・生命科学・渡辺(08/29)

鹿児島大学でコアSSH

From:東北大・生命科学・渡辺(08/29)

交流会参加中

From:東北大・生命科学・渡辺(08/29)

鹿児島大学でコアSSH

From:東北大・生命科学・渡辺(08/29)

コアSSH研究会に参加しました。

From:東北大・生命科学・渡辺(08/29)

コアSSH 参加しています。 小松高校

検索

ページトップへ

Special Thanks!

独立行政法人 科学技術振興機構 文部科学省 鹿児島県教育委員会

鹿児島大学 東北大学 九州大学 三重大学