文字サイズ小さく文字サイズ大きく 文字サイズ標準

HOME各校の研究活動 > [愛媛] 松山南高等学校 アーカイブ

[愛媛] 松山南高等学校 の記事を表示しています

今年度の活動開始

2011.04.20 [愛媛] 松山南高等学校

 こんにちは 愛媛県立松山南高等学校です。

今年最初のスーパーサイエンス(課題研究)の時間が始まりました。

昨年、1昨年とケールとブロッコリーの交配実験を続けてきましたが、F1とF2を作ったので、今年はF3を作ってみようかと考えています。ただし、春休みにあまり活動しなかったのでF3がきちんとできるかどうかが不安。・・・・・・・・・・

花期が終わってしまう。・・・・・・・・・

昨年たくさん作ったダイコンのF1は、最後に根長や胚軸長を測定するために全部引っこ抜いてしまって残っていません。

生徒が全部持って帰ったり、他の先生にあげたりしていました。

次の交配実験はどうなるんや?

 

しまったと思っても後の祭りでした。

 測定後、いくつかは交配や今後のために栽培しておくべきでした。

花壇にF2ケールやF2ブロッコリーは少し残しておいたので、それを人工交配しています。

F3ができてほしい。・・・・・

一応今年度のテーマは、アブラナ科植物の自家不和合成が完全に成立するのかどうか、人工的に自家受精と他家受精を行い、比較してみようと思っています。

また、昨年度のダイコンの研究は、比較的面白い結果が出たものの、データ量が乏しく、きちんと立証できるのか不安だったので、データを増やしたいと考えています。

ただし、今年はF1を作っていないので、交配親のみ栽培し比較用のデータを取るしかありません。

ちょっとミスってしまいました。

今年度の担当生徒とできることを再検討し、頑張りたいと思います。

今年の学校の花壇(一応圃場と呼んでいる)の様子です。  IMG_4529.JPG

写っているのは、作業中の長田君です。

IMG_4531.JPG

ダイコンの花とその証拠です。

IMG_4532.JPG

ブロッコリーの花です。 IMG_4530.JPG

ページトップへ

松山南高等学校の「平成22年度 ダイコン多様性研究」の研究成果レポートをまとめました。

各研究テーマごとに分かれていますので、下記からダウンロードしてください。

 

 

また、これらの研究レポートは当コンソーシアムの「平成22年度 実施報告書」の中にも掲載されています。

ページトップへ

本年度最後の収穫

2011.02.03 [愛媛] 松山南高等学校

 松山南高校の田中です。

 昨日、スーパーサイエンス(課題研究)で土袋栽培のダイコンをすべて収穫しました。

これがその画像です。

 

IMG_4332.JPGやはり、肥料、日当たり(校舎間)等が十分ではないせいでしょうか、せいぜいこの程度でした。

後、間引きを上手にして土袋1つあたり、1~2株くらいが適当でしょうか?

来年度はもう少し上手にしてみます。 あと、栽培者の愛情が少なかったのかな?・・・・・・

今回は、生徒任せにしてしまったので試食会はせず、どうも職員室の先生方に配っていたみたい。・・・・・・・  喜ぶかなあ?・・・・・・・・・・

とりあえず、交配親とハイブリッドの根の全長、全幅、下胚軸長(東北大の渡辺先生に教えていただいたように、 葉との境目~食用部の側部から根が出始めているところまで)を計測しました。

IMG_4347.JPG IMG_4348.JPG写真は生徒が撮ったのでへたくそです。(すみません)

一応、データは取ったのですが、肥大成長が十分でなく、いわゆるダイコンらしい形をしていないものも、結構ありました。

特に、前回の収穫時はそういったものが多かった。・・・・・・・

全幅が30mmを超えた個体にしぼって、データを並べるとnが小さすぎて・・・・・

うーん どうしようかと思いましたが、今度の植物生理学会で発表の中に入れたいと思います。

さて、どうなることやら。・・・・

 

 

ページトップへ

センター試験が終わりました

2011.01.17 [愛媛] 松山南高等学校

 こんにちは

 松山南高校の田中です。 週末大寒波がやってくるという情報が入りひやひやしましたが、

無事センター試験が終了しました。

愛媛県は両日とも晴れ時々雪といった感じで、寒さは厳しかったものの交通ダイヤの乱れ等は一切なく、生徒は十分力が発揮(?・・・・・)できたようです。

今年のセンター試験は、オーソドックスな問題が多く、勉強している生徒の力を測れたのではないでしょうか? 

設問数も適当で、やはり1問あたり2~3点くらいが適当だと思いました。

生物で1問4点は重い。

 模試や過去問と比べ、あまりにも最新のデータを使った問題や傾向の異なる問題は、さすがに一生懸命勉強している受験生や教員を無力感に陥れます。

 もちろん考察問題や論理的思考力を問う問題は必要だと思いますが、生物を勉強した量に比例して得点できる問題を出すべきだと思うのです。

 そういう意味では、今年のような問題をこれからも続けてほしいと切に願っております。

 話題は変わりますが、平成24年度に先行実施される理科・数学の教育課程はだいぶ煮詰まってきたでしょうか?来年度5月末には教育委員会に提出ですよね。

本校は、24年度は1単位増の文型11、理型19単位で実施の予定です。

 理科の先生方は分かると思いますが、センター試験の理科選択パターンA~Dのうち、どのパターンを照準にして作成されているでしょうか?

本校は、文型はB、理型はDのパターンで教育課程を作成しているところです。

ところが、文型の主流はAになりそうだということを指導主事から伺いました。

文系志望の生徒にも理科2科目を受験させることには賛成できますが、文型生徒に基礎科目のみ履修させることにならないでしょうか?

理科教員にとっては、できたら基礎を付していない科目も勉強させたいのですが。・・・・・・・・

まあ、これもどの大学がどの選択パターンを採用するかによって変わってくると思います。

大学がそれを決定するのはいつ?・・・・・・・

B、Dパターンで基本を作って、AやCパターンにも対応できるようにするって難しいですよね。

学校設定科目を作ってそれに対応させるのはできるのでしょうか?

誰かいい案がありましたら、教えてください。

一応、私はB、Dパターンで結構いいのができたと自負しているのですが、A・Cに対応できるのか不安です。

 せっかくのコンソーシアムなのでいろいろ議論できたらと思います。

 ダイコンの話題です。 

 前回のコンソーシアムの各校のデータを共有し、比較することなどは可能でしょうか?

 せっかく、似たような研究を行っているのに地域間比較とか、品種間比較とかができずに終わってしまってはもったいないと思うのですが。・・・・・・

これに関してもご意見ください。

3月の植物生理学会は参加する予定です。再会を楽しみにしています。

 

ページトップへ

間引きを兼ねて収穫しました!

2010.11.25 [愛媛] 松山南高等学校

こんにちは

松山南高校の田中です。

昨日の課題研究では、土袋栽培のダイコンを収穫し根の形態について測定しました。

IMG_4077.JPG

 

9月1日に播種したものです。校舎の間に土袋を置いていますが、10月以降あまり日照がないせいでしょうか、あまり根は大きくなっていませんでした。

1袋あたり2本までにしておいたほうが良かったかと。・・・・・・・・反省

いくつか画像をアップしておきます。 IMG_4083.JPG IMG_4088.JPG IMG_4090.JPG IMG_4104.JPG

根の幅、長さ、下胚軸長を調べました。

12月の研究会に持って行きます。

その後、食味官能試験を生徒としました。

甘味、辛味、苦味の3領域について調べましたが、結構盛り上がりました。

特に、これまで研究にあまり乗り気でなかった3人の2年生が喜んで活動し、少し研究に対して前向きになってくれたような気がします。

和歌山ダイコンが好評で  「甘い!」と生で、ばくばく食ってました。

ページトップへ

Prev 3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13

各校の研究活動 トップへ

新着コメント

From:小松高校 寺岸(09/05)

打木源助ダイコン畑 播種しました。 8.24

From:小松高校 寺岸(09/05)

打木源助ダイコン畑 播種しました。 8.24

From:小松高校 徳井(09/02)

打木源助ダイコン畑 播種しました。 8.24

From:小松高校 久保田(09/01)

第1回 研究会 ありがとうございました。 小松高校

From:小松高校 竹田(08/31)

第1回 研究会 ありがとうございました。 小松高校

From:東北大・生命科学・渡辺(08/29)

鹿児島大学でコアSSH

From:東北大・生命科学・渡辺(08/29)

交流会参加中

From:東北大・生命科学・渡辺(08/29)

鹿児島大学でコアSSH

From:東北大・生命科学・渡辺(08/29)

コアSSH研究会に参加しました。

From:東北大・生命科学・渡辺(08/29)

コアSSH 参加しています。 小松高校

検索

ページトップへ

Special Thanks!

独立行政法人 科学技術振興機構 文部科学省 鹿児島県教育委員会

鹿児島大学 東北大学 九州大学 三重大学