文字サイズ小さく文字サイズ大きく 文字サイズ標準

HOME各校の研究活動 > [大阪] 住吉高等学校 アーカイブ

[大阪] 住吉高等学校 の記事を表示しています

実験2

2010.01.17 [大阪] 住吉高等学校

今回も広報宣伝部長の更新です。

今回は1月11日(月)祝~1月13日(水)に行った実験について更新します。

 

今回は前回いただいたアドバイスから数値を重視して更新します。

今回の実験の概要を説明します。

阻止円の観察

実験対象を10種のダイコンの根だけ、に絞った

        +市販の(チューブタイプの)ワサビ、からし、生姜でも実験を行った。

絞り汁ではなくダイコンをそのまま輪切りにした。

アリルイソチオシアネートの定量

実験対象は10種のダイコンの根だけ+市販の(チューブタイプの)ワサビ

 

まず今回収穫したダイコンはこんな感じです

F1000147.JPG

そして、今回、根の本来の定義は最初の側根から下だということが分かったので

その部分を切って計ってみました

 

F1000149.JPG 

献夏ダイコンはいいのですが・・・

田辺ダイコンが・・・

F1000158.JPG 

 なんとも可哀そうなことになってしまいました。

10種類すべての「根」を計った結果がこちらです。

F1000162.JPG

これではあまりにも少なすぎるので、

実験1ではこの根の定義で、上から1センチメートルを輪切りにし、それを4等分して、酵母菌の培地に2つ大腸菌の培地に2つ乗せて実験を行いましたが、

実験2での根の定義は前回と同じように色が白くなっている部分とし、それぞれ2グラムを乳鉢ですりつぶし、純水2mlに抽出し、アリルイソチオシアネートを定量しました。

 

実験1はこんな感じになりました

F1000172.JPG  F1000180.JPG

ダイコンは揮発を防ぐために皮付きの輪切りで蝋を塗りました。

わさび、からし、生姜、についてはチューブから直接培地に絞りだしました、量については直径が1センチ以上になるようにしました。

 

結果

からしの周りに阻止円が見られましたがそのほかには見られませんでした。

このことから現在、実験方法を確立するための実験を現在行っています。

 

実験2はこのようになりました

F1000183.JPG  

ワサビもダイコンと同じアリルイソチオシアネートを持っているため調べてみると

ダイコンの約6倍という結果になりました。

さらに、この実験をしていて面白い発見がありました

なんと、グロート試薬を加えたワサビのしぼり汁が青くなったのです!!! F1000167.JPG

まるでブルーレッ〇のよう

何故このようになったのでしょうか?

とても気になります。

 

それではまた、次の実験でお会いしましょう。

 

 

 

 

ページトップへ

あけましておめでとうございます!!!

2010.01.07 [大阪] 住吉高等学校

遅くなりましたがあけましておめでとうございます

今回は住吉ダイコン広報部長の更新です (肩書き欲しくて勝手につけました!)

今日から住吉高校では学校がはじまりました。

新年は宿題テストでの幕開け・・・

昼までで終わるので大根に肥料でもやりに行こうと畑へ向かいました。

昨日も取り除いたのにまた積っている落ち葉をはらってやりつつ小さな発見をしました

ほかのダイコンは葉をたてているのに、ハマダイコンと出雲おろち大根は葉を土に張り付くように横に開いていました。

F1000136.JPG

 

F1000137.JPG

今まではこんなに大きな違いは無かったのですが・・・

間引きかたの問題かなと思いましたが、路地で等間隔で育てているダイコンでも同じことが起こっていました。

出雲おろちダイコンは地元のハマダイコンを品種改良したものだから品種による違いではないかと思います。

 

 

そんなことを考えながらいつもより丁寧にダイコンを観察しているとダイコンのプランターの中にタンポポに似た種をたくさん発見しました。

F1000139.JPG

 辺りを調べるとどうやらこいつが犯人のようです。

F1000142.JPG

ツワブキ(石蕗、艶蕗、学名Farfugium japonicumシノニムFarfugium tussilagineumLigularia tussilaginea )とはキク科ツワブキ属の多年草。イシブキ、ツワともいう。ツワブキの名は、艶葉蕗(つやばぶき)、つまり「艶のある葉のフキ」から転じたと考えられている。

Wikipediaより

よく見るとダイコンの周りにはたくさんのツワブキが・・・

こんなものがプランターに生えてもらってはダイコンの生育に支障が出ます。

即刻退去してもらいました。

綿毛ごと刈り取って少し離れたところで「ふーっ」て・・・

けっこう楽しかった・・・

こんな感じで今年も楽しくダイコンを育ていきます!

ページトップへ

田辺ダイコン

2009.12.29 [大阪] 住吉高等学校

どうも。久しぶりに副会長の更新です。年末です。店頭に雑煮ダイコンなるダイコンが並んでいて目を惹かれるこの頃です。

 

さて、先日12/27付けの朝日新聞を読んでいると

『恒例ホカホカ田辺大根炊き』

なる記事が。

 

田辺ダイコンは大阪の地ダイコンで、住吉高校では10種類目のダイコンとして栽培、実験を行っているわけですが、正直食べられるサイズからは程遠いため、味が気になるところではありました。

そこへこの記事。行かない訳にはいきません。

 

ということで日は変わって12/28の10時過ぎ。

両親と共にやってきたのは大阪市東住吉区にある法楽寺さん。

法楽寺さんは一時期廃れた田辺ダイコンを復活させている「田辺大根ふやしたろう会」の中核を担っておられます。

法楽寺はかなり大きなお寺で、なかなか不思議な所です。

お寺の中に鳥居、マニ車、弘法大師、四国八十八ヶ所巡りの碑・・・。

大乗仏教にチベット仏教、神道とくれば怖いものなんてありません。ありがたみ有りまくりです。

 

そんな中やはりありました。田辺ダイコンの石碑。

P1160066.JPG

 

そうです。石碑からダイコンが生えとります(当然偽物ではありますが)。

ちょっと見えにくいですが2本も生えているというサービスぶり。

 

他にも何かないかと境内を徘徊していると田辺ダイコンの直売をしている所に・・・。

P1160067.JPG

でかい。五重塔の一回部分に60から70cmはあろうかという置物が。

下に敷いてある白い板はまな板だろうか・・・。まな板の上のなんとやら、的な状況。

 

なんだか切りがなさそうなので今回のメイン&2回目の朝食である大根炊き へ。

大根炊きは無料。うん、お得。その写真がこちら。

P1160068.JPG

猫舌の副会長にはなかなか厳しかったです。一人でダチョウ倶楽部やってみたり。

「しかし昆布だしがよくしみていて美味しいです。そして上に乗った味噌との相性が・・・。」と一人でレポーターやってみたり。

一緒にお皿に乗っている真っ赤なのは近江の赤蒟蒻なるもの。毎年この紅白がめでたい、と評判なんだそうで。味は普通の蒟蒻でした。

 

身体も暖まったところでさらに探索を続けます。

おろしもち等定番の料理もまだまだありましたがさすがに満足。

他に何かないだろうかと歩くと「なにわの伝統飴野菜」という飴を発見。

何種類かありましたが今回はサイエンス部のメンバー用に田辺ダイコンの絞り汁入り飴を購入。

もしこれで抗菌性がみられたらビックリです。まず無いとは思いますが。

 

これで境内は一通り終わり。想像以上の楽しさに人出(新聞の影響らしい)。来年は是非とも他のメンバーも引き連れて行きたいものです。

以上宿題に追われる副会長でした。ではでは。

ページトップへ

実験

2009.12.25 [大阪] 住吉高等学校

Mary X'mas

 

今日は12月19日(土)と21日(月)に行った実験について書きたいと思います。

一身上の都合により更新が遅れたことをお詫び申し上げます。

 

さて、今回は3回目の実験ということでダイコンもかなり大きくなっていました。

近況報告2でも触れた和歌山ダイコンの雄姿をお見せしたいと思います。

和歌山ダイコン

比較の対象を置き忘れてしまいました・・・

根の部分だけですが重さも計ったのでどうぞ

和歌山ダイコン:重さ

農芸高校さんには遠く及びませんが茎をのぞいても20グラムを超えました!!!

二つに切っているのは大きすぎて計りに収まりきらなかったからです。

 

と、いうことで今回は念願の大根おろしを作って根のしぼり汁を採取しました。

(写真撮るの忘れた・・・涙)

葉は前回と同じように乳鉢でつぶしました

F1000124.JPG

 

今回の実験が前回コンソーシアムで発表したものと違うのはこれだけではありません。

今回はペーパーディスクの上に蝋をつけ揮発を防ぎました。

結果は・・・

  F1000112.JPG 

残念!

ですが前回のような増殖円はなくなりました。

これでも一歩前進したということで・・・

次回は阻止円が見れるようにさらなるアイデアで臨むつもりです。

それでは、よいお年を!

ページトップへ

近況報告2

2009.12.12 [大阪] 住吉高等学校

1か月振りの更新です。

今回は前回とは違う生徒がお送りします!

 

中間テストで忙しかったため気づきませんでしたがすっかり紅葉のきせつになりましたね

校内の木々は色とりどりに染まり、落ち葉も目立つようになってきました

そういえば最近雨が続いてたからダイコン見てないなー

と、思ったので見に行ってきました

すると・・・ 落葉

 な、なんだこの黄金の世界は・・・

この中でダイコンは

F1000070.JPG

 

哀れダイコン・・・

埋まってました(涙)

 

放っておいてごめんね

 

とダイコンに謝りながらすべて取り除くと

F1000073.JPG  

 

めちゃくちゃ育ってました!!!

一番育ってたのは和歌山ダイコン

これからに期待ができます

 

19日にはまた実験をします

 

その様子もそのうちまた

ではでは

ページトップへ

Prev 1  2  3  4

各校の研究活動 トップへ

新着コメント

From:刈谷高校(10/29)

新しいITC(イソチオシアネート)の測定方法

From:愛媛県 北条高校 田中(06/23)

4.26PM おもしろ実験教室 交雑編 ダイコン

From:小松高校 新田マ(06/06)

ハイレベル実験教室 アルコール分解酵素 

From:小松高校 越田(06/06)

新入部員の 越田 です

From:愛媛県 北条高校 田中(05/14)

新入部員の 越田 です

From:愛媛県 北条高校 田中(05/12)

ハイレベル実験教室 アルコール分解酵素 

From:愛媛県 北条高校 田中(05/12)

おもしろ実験教室 顕微鏡編 4.12

From:愛媛県 北条高校 田中(05/01)

守口ダイコン収穫

From:小松高校 新田マ(03/25)

2014年度 せいぶつ実験教室 3.15

From:小松高校 新田マ(03/24)

2.11 自由研究のヒント講座 顕微鏡編

検索

ページトップへ

Special Thanks!

独立行政法人 科学技術振興機構 文部科学省 鹿児島県教育委員会

鹿児島大学 東北大学 九州大学 三重大学