文字サイズ小さく文字サイズ大きく 文字サイズ標準

HOME各校の研究活動 > [石川] 小松高等学校 アーカイブ

[石川] 小松高等学校 の記事を表示しています

9月11日 計画発表会

2014.10.01 [石川] 小松高等学校

こんにちは!一年の竹田です。
最近、家が学校や駅に近い人が、うらやましく感じたりする竹田です(笑)

さて、
先日小松高校生物部内で行われた、研究計画発表会について書きます。
私たちは、ダイコン班とレインボー植物班の二手に分かれ、それぞれの計画を発表しました。

daikonshjg.JPG発表する内容は、12月までの日付にそった日程、これからどんなふうに研究を進めていくかです。
最初に、ダイコン班が発表をおこないました。ダイコン班の研究計画は、
・9月8日種まきⅠ、22日間引きⅠ、23日種まきⅡ、10月7日間引きⅡ、11月まで室内実験、11月第一週目ぐらいに収穫、12月まで発表準備です

reinbjidakghjg.JPG次にレインボー植物班が、発表をおこないました。私たちの、研究計画は
・9月21日ぐらいまで維管束&染め分けの実験、9月21日ぐらいから10月24日ぐらいまで均一に濃く染める実験、10月24日ぐらいから12月まで鹿児島研究発表の準備です

keijkagdhkjg.JPG今回の研究計画発表で、あらためて口頭発表の難しさを感じました。
またアドバイスをもらい、自分たちの実験の悪いところが見つかりよかったです!
これから、いろいろ試行錯誤し、よりよい実験を行っていきたいです。

adjhaksdghs.JPG

ページトップへ

こんにちは。マラソンの練習で筋肉痛になった新田マです。
記事が遅くなりましたが、8月30日から9月1日まで,小松高校では記念祭を開催していました。
その3日間のうち,31日の文化祭では,生物部も出し物をします。

adskshbkj.JPG
内容は,実験教室,生き物の展示,野菜の苗の配布,ダイコンコンソーシアムの記事の掲示などです。
クラスの出し物や模擬店ほど,準備に時間がかかるわけではないのですが,前日の準備は結構大変でした。生物実験室は常日頃散らかっているため,まずはその掃除から始め,展示物の用意やポスターの製作などをしました。この時期は,毎年,展示のために追加のドクターフィッシュやオジギソウが生物部にやってくるのでわくわくしますo(^^)o

aajgadkjg.JPG
文化祭当日,始まると同時に,多くの人が生物部に足を運んでくれました(私のシフトは午後でしたが,始まる時間から生物部にいました)。去年はあまり生物部に来てくれた人がいなかったので,予想外でびっくりしましたが,いろいろ準備した甲斐があり,すごくうれしかったです!
実験教室では,私はレインボー植物づくりを担当しました。小さいお子さんやその保護者の方も参加してくださり,楽しく実験教室を行うことができました。

nkahdjkgs.JPG reinakjb.JPG
また、他の部員も順調に実験教室を進められたようです。
他の時間は,フラフラ歩き回って,アルテミアの説明をしに行ったり,カメの餌やりやドクターフィッシュの水槽に手を入れることを勧めたりして過ごしました。

kjjagdhg.JPG
そして,去年卒業した先輩方が遊びに来てくれました!久しぶりに会えてうれしかったです(^^)
こんな感じで、楽しかった記念祭も終わったので,また研究に力を入れて活動していこうと思います。

ページトップへ

源助ダイコン 第2回計測 9月7日

2014.09.11 [石川] 小松高等学校

こんにちは!! 現在、節約している星野です。
9月7日(日)に金沢の松本さんの畑で2回目の計測をしました。8月24日に種を植えてからちょうど2週間経った日です。今回は計測項目を前回より増やしました。朝5時集合でしたが、1名寝坊で5時半出発になりました。

aklhdjgla.JPG bsakldhldgha.JPG次のように計測しました。
① 松本さんの種の源助ダイコン(種まき機で2粒ずつ播種しました)
項目  ・子葉の横の長さ
    ・子葉の縦の長さ
    ・子葉の切れ込みの長さ
    ・胚軸の長さ
    ・本葉の枚数←new
    ・最大の本葉の長さ←new
 同じ場所に1個体のものと2個体のものとでの、成長速度の違いを調べました。
   ※2個体のものは1個体の隣のものを計測しました。

dkhlsakdhs.JPG
② 種苗会社6社の源助ダイコンの種(手で植えました、全て2粒)
項目  ・子葉の横の長さ
    ・子葉の縦の長さ
    ・子葉の切れ込みの長さ
    ・胚軸の長さ
    ・本葉の枚数←new
    ・最大の本葉の長さ←new
   個体数 【6社】×【8株】
    同じ源助ダイコンの中で、種苗会社の違いによる成長速度の違いを調べました。

観察 ・2個体で絡んでいるものの胚軸は太い
   ・それぞれの種で葉の形質が違っていた
   ・糸状の葉があった
   ・切込みが浅く、本葉が丸いものがあった

ckshljshglkha.JPG

松本さんのお話から糸状の葉や本葉が丸かったものがあったのは、肥料や水が関係していると考えました。
計測が終わったのは11時。その間、松本さんがご自身の畑作業の合間に、何度も様子を見に来てくれて、アドバイスをしてくださいました。

eklhdlsjg.JPG

計測結果は、研究成果と共にボクが責任もって鹿児島で発表します。

計測後、間引きをしました。松本さんの畑では種植えから2週間で間引きをし、1個体にします。計測後、約1時間で間引きをして、その後、学校に戻ってから間引き菜の生重量を計測しました。(ダイコンの前はスイカ畑だったみたいです)松本さんと私たちで抜いた間引き菜は、松本さんからのプレゼントとして、みんなで分け合って美味しく食べました。(ポリ袋いっぱい。1500本くらい?)

gkldhs.JPG
また、各社の「源助ダイコン」の間引き菜は、翌日、会社ごとに食べ比べを行いました。クセがあるもの、ないもの。ダイコンの薫りが強いもの、弱いもの。柔らかいもの、硬いもの。いろいろありました。

hklksdghhjg.JPG

次回は9月15日に部員を増員して計測に行く予定です。

 

 

fklahjlsgkj.JPG

ページトップへ

レインボー植物の研究 始めました

2014.09.08 [石川] 小松高等学校

こんにちは!1年社員の松下です。
今回は「レインボー植物」の研究の途中経過についてと、先日、見学した小松市小中学校児童科学作品展についてです。

aklkjhl.JPGまず、現在の「レインボー植物」の研究の途中経過についてです。
現在、レインボー植物の研究では、枝分かれした枝の先端から染色液を吸わせる実験をしています。これから、葉にワセリンを塗る実験もして行こうと思っています。
枝分かれした枝の先端から染色液を吸わせる実験は、鹿児島に研究計画発表に行った際に、アドバイスをいただいた実験です。まず、枝分かれした枝の先端にチューブに入った染色液を取り付けます。そして、一定の時間ごとに、主軸の先端の花の花弁の染まり具合を観察します。チューブに入った染色液が漏れないようにする工夫として、スポンジを詰めています。

bkkjkjuag.JPG
1回目の実験では、染色液がもれ出てしまったので、改善する必要があるなと思います。
現在はカーネーションを実験に使っているのですが、これから別の種類の花でもやってみようと思います。

DSCF1822.JPG

次に、小松市小中学校児童科学作品展についてです。
以前、「自由研究のヒント講座」に参加していただいた方々の作品が多く入選していて、とってもうれしかったです!!作品はどれもレベルの高い研究でした。そのなかに「維管束」というタイトルの研究がありました。ヒント講座の参加者です。今現在、私たちも良く似た実験をしているので、この研究から、逆にたくさんのヒントをえることができました。私たちと違う視点で実験をしていて,
とても参考になりました。

cjklhdjlhlk.JPGこれから,いろいろな人や場所からヒントをいただきながら,実験を続けていきたいと思います。

 

dkajghashjg.JPG

ページトップへ

源助ダイコン 第1回計測 8.30 早朝

2014.09.05 [石川] 小松高等学校

こんにちは
短歌づくりがマイブームの徳井です。
ようやく3日間続いた記念祭が9月1日で終わりました。
その間、準備期間も含めて、全然生物部の活動に取り組めなかったので、またエンジン発動させて頑張ろうと思っています。

mabiskkajhdajjkg.JPG8月30日早朝(土曜日ですが、文化祭初日。登校前)、松本さんの畑にお邪魔させていただきました。
24日に種をまいたダイコンの観察・計測のためです。
隣の畑では、間引き作業が行われていました。

kshakjghdghshjhj.JPG次のように計測しました。
①松本さんの種の源助ダイコン(種まき機で2粒ずつ播種、)
[項目]・子葉の横の長さ
・子葉の縦の長さ
・切れ込みの長さ
・胚軸の長さ 
※1粒撒きと2粒撒きとでの、成長速度の違いを調べた。

②種苗会社6社の源助ダイコン(手で植えた)
[項目]・子葉の横の長さ
・子葉の縦の長さ
・切れ込みの長さ
[数]  6社×8個体
同じ源助ダイコンの中で、種会社の違いによる成長速度の違いを調べた。

khdkjgsklfhs.JPG観察・計測結果 ・本葉が出ているものは少なかった。
         これは、経験則的に、種まきの日の後の大雨が発芽を遅らせ、それによってダイコンの成長が遅れたことが原因ではないかと考えた。
         最初は、本葉の枚数の違いを成長段階の速さの違いとしたが、本葉が出ているものが少なかったため、子葉の大きさのみ計測した。
・1粒と2粒とでは、t検定をかけたが有意差はみられなかった。
・6社の種では、t検定をかけたが有意差がみられないものの方が多かった。

次回は、9月7日に間引きと計測に行く予定です。
何か、指摘やアドバイスがあればコメントお願いします!

rubabgdhag.JPG

ページトップへ

Prev 3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13

各校の研究活動 トップへ

新着コメント

From:愛媛県 北条高校 田中(06/23)

4.26PM おもしろ実験教室 交雑編 ダイコン

From:小松高校 新田マ(06/06)

ハイレベル実験教室 アルコール分解酵素 

From:小松高校 越田(06/06)

新入部員の 越田 です

From:愛媛県 北条高校 田中(05/14)

新入部員の 越田 です

From:愛媛県 北条高校 田中(05/12)

ハイレベル実験教室 アルコール分解酵素 

From:愛媛県 北条高校 田中(05/12)

おもしろ実験教室 顕微鏡編 4.12

From:愛媛県 北条高校 田中(05/01)

守口ダイコン収穫

From:小松高校 新田マ(03/25)

2014年度 せいぶつ実験教室 3.15

From:小松高校 新田マ(03/24)

2.11 自由研究のヒント講座 顕微鏡編

From:大阪府立住吉高校 伊藤(03/24)

大根の収穫とその利用

検索

ページトップへ

Special Thanks!

独立行政法人 科学技術振興機構 文部科学省 鹿児島県教育委員会

鹿児島大学 東北大学 九州大学 三重大学