文字サイズ小さく文字サイズ大きく 文字サイズ標準

HOME各校の研究活動 > [石川] 小松高等学校 アーカイブ

[石川] 小松高等学校 の記事を表示しています

2014年度 せいぶつ実験教室 10.18

2014.10.27 [石川] 小松高等学校

こんにちは!お久しぶりです!
最近,睡眠量が足りなさ過ぎて困っている竹田です(笑)

10月18日にせいぶつ実験教室を実施しました。
今回は講師として東北大学の渡辺正夫先生をお招きして、生物部と共同で開催しました。

akdshakjlh.JPG

まず,渡辺先生がパワーポイントを使い,アブラナ科の植物について説明しました。
同じアブラナ科の植物でも,キャベツ,ブロッコリー,白菜など採れた地方が違えば,形質が露骨に違ってくるもので,おもしろいなと思いました。
また,これら同士で,交雑をできるらしいです。私は,キャベツの芯が嫌いなので,食べられる日がくればいいなと思います。

blsjkflhdj.JPG

次に,アブラナ科植物を観察しました。
観察に使われた植物は,キャベツ,ブロッコリー,カリフラワー,ブロキャベ(久保田記事10.19参照),ブロ紫(ブロッコリーと紫キャベツをかけ合せたもの),ハボタン,ケール,ロマネスコ,コールラビー,赤カブ,紫キャベツです。
生育途中のブロッコリーとカリフラワー(私たちが普段食べている部位がついていないもの)の見分け方がわかりました!上からみて葉が開いているのがブロッコリー,閉じているのがカリフラワーらしいです。初めて知りました。他の植物でも,見分け方みたいなものを知りたいなとおもいました。

cklhskjgsdk.JPG

次に、ブロッコリーをバラバラにし、つぼみの数を数えました。
私たちが普段食べている部分から茎を引いた部分です。あの、緑のプチプチを数えるなんて大変な作業だなと思いましたが、計算で出すとわりと簡単に数えることができました。緑のプチプチを茎から離した時、意外にも茎の量が多くて驚きました。数を数えることを小学生が楽しんでくれてよかったです。

eknjsdhksfjh.JPG最後になりましたが、渡辺先生、講座に携わった方々ありがとうございました。
今後とも、よろしくお願いします。

 

fkhjsdjksghj.JPG

ページトップへ

源助ダイコン 第5回計測 10月5日

2014.10.24 [石川] 小松高等学校

こんにちは(^▽^)!!前のメガネのフレームが大破した(というかさせた...)星野です。

hklaghdhgs.JPG朝夕が寒くなってきました。小松高校では風邪がはやっています!体調不良にならないためにも体調管理を大切に!!
10月5日に5回目の計測に松本さんの圃場に行きました。今回は徳井さんが集合時刻に来るという珍しいことが起こりました。
徳井さんの集合戦績? 1回目 遅刻
   2回目 遅刻
   3回目 遅刻(1,2回と比べるととても早かった)
   4回目 寝坊
   5回目 セーフ!!! 
僕と寺岸先生の「今日も遅刻じゃない?」という予想を裏切り、徳井さんの次に先生の車に乗るにったまさんは徳井さんが遅れるという前提で待ち合わせ場所に来る時刻を考えていたので、今日は徳井さんが時間通りに集合できていたがために、待ち合わせに間に合わず、その場所まで走る羽目に...

ajhdkjg.JPG

と集合からハプニングがあった。1日ハプニングがいつもの1.5倍くらい起こりました。
では、本題の計測に戻ります。今回の計測では以下の項目を計測しました。
 ・本葉の数
 ・本葉の最大のものの縦と小葉数
 ・胚軸

bkhsdjgsjk.JPG


前回の計測から2週間経っていたのでダイコンはとても大きくなり、それに伴い、葉も大きく、長くなったので、畝と畝の間が葉で狭くなり、足場が少なくなりました。足場が少なくなったので、立つことが不安定でバランスを崩し転びましたが、隣の畝の間に手をついてギリギリセーフでした。(^~^;)そこから先生の力を借りて復活!!・・・・・・すぐに再転倒!!その時、先生がかなり離れたところにいたので、自力で復活しようとして、まず畝をまたいで立ち、そこからまたいでいる畝の横に片方の足を移動させて、立つ!!!・・・・・・ことができませんでした。足を移動させようとしたら、バランスが崩れそのまま畝に転倒し、1個のダイコンの茎が折れてしまいました......やっちゃった...

dklhsjghlkuaj.JPG

観察して気づいたこと ・ほとんどのダイコンの胚軸が土から出ていた
           ・品種で胚軸が土から出ている長さが違った
           ・松本さんのダイコンで小葉のつき方が観察したものの中で
            2通りあった

fkhjdgkajg.JPG ekhkjagdklj.JPG

計測後、松本さんの家に行くと、そこではダイコンを洗う作業をしていました。洗うための機械があり、何人かの人がその作業をしていたので改めて松本さんってすごい人だなと思いました。

gklahkjgksdas.JPG


その後、ダイコンを十数本もらいました。何本かは2年生の課題研究班の実験用で、残りは生物部の分でした。にったまさん、徳井さん、僕はそれぞれ1本食べる用に貰いました。次の日の夕飯はいただいたダイコンが入った「おでん」でした(「おでん」の時期には、まだ少し早いかもしれませんが)。とてもおいしかったです(*´μ`*)

jkljdgksj.JPG

ページトップへ

こんにちは、お久しぶりです!一年の久保田です。
先日、10月17日に中海小学校で出前講座がありました。今回のテーマは、「アブラナ科植物の観察」です。

ajkhkjg.JPG最初に、講師の渡辺先生から、アブラナ科植物についての講演がありました。
思っていたよりも、身近にたくさんアブラナ科の植物はあるようで、キャベツやブロッコリー、青汁の原材料であるケールなどもアブラナ科だそうです。(不勉強なもので、初めて知りました...)
それと、渡辺先生が「ミズナを食べたことがあるか」と小学生たちに聞いたとき、あまり反応がなかったのがショックでした。あまりサラダの中身とかは気にしないのでしょうか。それとも、本当に食べたことがなかったのでしょうか?
ともかく、分かりやすく楽しい講演でした!小学生も食い入るように、パワーポイントの画面を見ていました。

DSCF2964.JPG次は、アブラナ科植物の観察です。
中海小学校の外に、小松高校で作ったアブラナ科植物や、畑にブロキャベ(ブロッコリーとキャベツをかけあわせたもの)などを用意してあったので、それを観察しました。


bohakjghjk.JPG

中にはあまり馴染みのない、変わった形の「コールラビー」や、「ロマネスコ」などの植物もありました。特に、コールラビーは茎の部分がカブのように丸くなっているので、とても不思議な植物です。観察していたときはどんな味がするのか、とても気になりました。が、後であまりおいしくないという話を聞いたので、チャレンジしようとは思えなくなりました...。

cklhdjlgakj.JPG

それと、ブロキャベも観察しました。ブロキャベは先ほど書いたように、ブロッコリーとキャベツのかけあわせです。親であるブロッコリーとキャベツとの違いを観察したのですが、思ったよりもキャベツには似てないように思えました。味は二つが混じったようなものなのでしょうか。それとも、見た目どおりブロッコリーが強いのか。どちらにせよ、おいしそうだなと思います。

dklhalsjghjkg.JPG

久しぶりの出前授業でしたが、小学生もしっかりと観察できていたので、良かったと思います。植物を観察する機会は少ないのと思うので、こんなときに観察眼を養うことができればいいなと感じました。

eklkdah.JPG

ページトップへ

源助ダイコン 第4回計測 9月23日

2014.10.02 [石川] 小松高等学校

こんにちは(^o^)!!寒くなったので早速パーカーを着用した星野です(校内で生徒指導の先生に偶然会ったときは全力疾走しています笑)。毎週日曜に松本さんのところに行きますが、今週は寺岸先生が息子さんの運動会で日曜に行けなかったので、秋分の日の23日に計測に行きました。

ajkhakjdg.JPG・・・・・・・が!!毎回集合時間ぎりぎり、または集合時間に遅れて集合場所に来るTさんが今回、ついに来ず、今回は僕、新田マさん、寺岸先生で松本さんのところに行きました・・・トホホ・・・

bklsdkh.JPG

今回は子葉が計測不可能のものが多かったので
・胚軸
・本葉の数
・最大の本葉の縦
を計測しました。
僕は記録でしたが、計測している新田マさんを見て大変そうだな(他人事みたいですが笑)と思っていました。最後の方は、僕も少し作業しましたが特に本葉の数を数える作業が一度数え間違いすると、最初からやり直しの労力のかかる作業でした。

cjkhakjgdklah.JPG

種苗会社6社の源助ダイコンで本葉の最大の縦が比較的長いものや短いもの、胚軸では出ているものや出ていないものがあった等の違いが見られました。

ekhljdsh.JPG

計測が終わり、学校に戻るとそこには熟睡しているTさんがいました。Tさんが来なかった理由は、

tokuiuaug.JPG

ということで、これは朝に先生が予想していた通りでした(先生すげええええええええ)。

寝坊するから徹夜するという考えがTさんらしいと思いました。

fklshjgdskhfg.JPG

ページトップへ

源助ダイコン 第3回計測 9月14日

2014.10.01 [石川] 小松高等学校

こんにちは(^O^)!!(今回から「こんにちは」が地味だったので簡単な顔文字をつけることにしました)最近部内での扱いがひどくなっている星野です。今回の記事は計測3回目についてです。

abksh.JPG今回は前回の計測の記事に書いた「増員」をして松本さんの畑に行きました。今回計測を手伝ってくれたのは、1年の竹田さんと松下さんです。4時半集合だったので、車内では、竹田さんが畑に着くまでとても眠たそうにしていました。前回よりも人が多かったのでにぎやかでした。

bkslkdhah.JPG計測は前回と同じものを計測しました。

・子葉の横
・子葉の縦
・子葉の切り込み
・胚軸
・本葉の数
・最大の本葉の縦
です。

ckajgdajkghh.JPG子葉が1枚枯れているものが多くあり、枯死した個体もありました。前回の計測で全体的に小さかったものが枯死したようでした。

djkhakjgslak.JPGその後、畝にかけていた虫除けネットをはずしてたたみました。僕だけでたたむとたたむ前よりもグチャグチャになってしまいました(^▽^;)それを見かねた松下さんが手伝ってくれました。アリガトウゴザイマスマツシタサマ<(_ _ )>

fkjaklhlajsghlg.JPG

次回は秋分の日(9月23日)に行く予定です。

 

gkjkaghkjg.JPG

ページトップへ

Prev 2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12

各校の研究活動 トップへ

新着コメント

From:愛媛県 北条高校 田中(06/23)

4.26PM おもしろ実験教室 交雑編 ダイコン

From:小松高校 新田マ(06/06)

ハイレベル実験教室 アルコール分解酵素 

From:小松高校 越田(06/06)

新入部員の 越田 です

From:愛媛県 北条高校 田中(05/14)

新入部員の 越田 です

From:愛媛県 北条高校 田中(05/12)

ハイレベル実験教室 アルコール分解酵素 

From:愛媛県 北条高校 田中(05/12)

おもしろ実験教室 顕微鏡編 4.12

From:愛媛県 北条高校 田中(05/01)

守口ダイコン収穫

From:小松高校 新田マ(03/25)

2014年度 せいぶつ実験教室 3.15

From:小松高校 新田マ(03/24)

2.11 自由研究のヒント講座 顕微鏡編

From:大阪府立住吉高校 伊藤(03/24)

大根の収穫とその利用

検索

ページトップへ

Special Thanks!

独立行政法人 科学技術振興機構 文部科学省 鹿児島県教育委員会

鹿児島大学 東北大学 九州大学 三重大学