文字サイズ小さく文字サイズ大きく 文字サイズ標準

HOME各校の研究活動 > [石川] 小松高等学校 アーカイブ

[石川] 小松高等学校 の記事を表示しています

畑の準備です

2014.08.04 [石川] 小松高等学校

日本のH氏は奇妙奇天烈、平成の年、変人として名を生物部に連ね、ついでダイコン班に補せられたが、性、内気、説明に自信が無いところすこぶる厚く、ダークホースに甘んずるを潔しとしなかった。
いくばくもなく変人を極めた後は、故山、畑に帰臥し、人と交りを絶って、ひたすら実験に耽った。犬となって長く膝を恐れてやまないS下の前に屈するよりは、野菜王としての名を生物部に遺そうとしたのである。
(日本に生まれたH氏はおかしな人で、平成の年、変人として生物部に入部し、ダイコン班というグループのメンバーになったが、性格は内気で、自分の説明に自信がなく、変人としてのダークホースに甘んずるのが不満だった。大した時も経たないのに変人を極めた後は、故郷の畑に帰って、人と交際をせず、ずっと実験をしていた。犬となって長い年月恐れてやまないS下の前でペコペコするよりも、ベジキングとして自分の名前を生物部に残そうと思ったからである)

こんにちは、久保田です。
ちょっと長い前振りですね、400字ぴったりでした。「山月記」バージョンです。
今回は、ダイコン畑の草抜きのことを書きます!

jjgjhgsaj.JPG眠い目をこすりながらスタート。始めた時間は大体、午前七時四十分ぐらいからだったと思います。
畑には、たっぷり雑草が生えていました。
当然虫の住処にもなっているわけで、てんとう虫の幼虫や蜂、芋虫など種類は豊富でした。よくもあんなに増えたものです。

tojuihsuag.JPG
ツルのような雑草はなんとか引っこ抜くことができたのですが、あきらかに木のような雑草(雑木?)は根が深いところまで張っていて、抜くことが出来ませんでした。
そこで登場したのは、のこぎり。
変人と名高いH氏も触りたそうにしていましたが、H氏の天敵である新入社員のS下さん(M下さんから改名)が使っていて、あまり触れてはいませんでした。(下手に手を出したら大変なことになります)
S下さんも面白い人です。生物部に見学にきたらH氏と戯れている(一方的)様子が見えると思います。


jghkhjgadhjg.JPG

話を戻しますが、S下さんの活躍により、ほとんどの木は切り倒されました。
わたしたちも頑張って雑草を抜いていたので、以前よりかはサッパリとしたように感じます。
しかし、暑いと雑草は元気になるので、すぐに前と同じぐらいに成長しそうで怖いですね。(雑草よりもダイコンに頑張ってほしい...)


 

jjytuya.JPGまだ半分ほど雑草は残っているので、夏休み中に後一回くらいは草抜きの時間がありそうだなと思いました。

ページトップへ

こんにちは。怪談が苦手、海はクラゲが怖い、スイカもあまり食べないという、暑い夏を楽しみきれていない新田マです。小学生の頃はもっと違ったはずですが...。
今回は13日の自由研究のヒント講座の増設版と後編について書きます。
午前の増設版にしたのは、先日徳井さんがしていた、様々な調味料や飲み物を使って10円玉をピカピカにする実験です。この実験は、去年、先輩の講座のお手伝いで見たことがあるので、どのように教えればいいかは考えやすかったです。この実験で一番悩むのは、どんな調味料を用意するかということです。10円玉がきれいになるものとならないもの、また、きれいにならなさそうで意外ときれいになるものもあります。また、商品のメーカーによって結果が変わるものもあります。この実験は8月3日にもう一度行うので、いろいろ試してみておこうと思います。
午後の後編にしたのは、お茶やジュースなど様々な溶液で氷を作って、それらの溶ける速さを比べる実験です。自由研究講座のテーマ探しに苦戦したあげく、友達が小学生の時にしていた自由研究を教えてもらいました。実験はとても簡単なので、講座では氷を使った他の実験もいくつか紹介しました。

koorihsahjghjg.JPG
今回の反省点は、講座をまわす時間と、見本用の氷を溶かし始める時間との配分をきちんと考えておらず、講座中にあたふたしてしまったことと、説明が思ったより早く終わってしまい、暇な時間を少しつくってしまったことです。また、先日の前編で行った、バナナを日焼けさせる実験同様、作業がないことも良くなかったと思います。
koorigjadkg.JPG

夏休みも忙しいですが、自分たちの研究も小学生向け講座のほうもがんばっていこうと思います。もちろん勉強もです(^^)。

wakutokeru.JPG

ページトップへ

こんにちは!!生物部内のとある人物による恐怖でおびえている星野です。(とある人物とは1年生社員のM下さんです。)

7月23日(水)に金沢の農家の松本さんにお会いするため、寺岸先生の車で金沢に行きました。移動中、車の中で爆睡してしまいました(笑)。金沢市あたりで目を覚ますと周りの景色のほとんどが畑でした。畑には赤いかぼちゃ(打木赤皮南瓜)や大きなすいかがあって、スマートフォンでパシャパシャっと写真をとりました(校舎外での携帯電話・スマートフォンの使用は校則違反ではないのです!)。車で走ること約40分松本さん宅に到着しました。そこには、松本さんがいました。

M1000003.JPG
では、松本さんについて簡単に紹介します。松本さんは源助大根や打木赤皮南瓜ほか、いろいろな作物を生産している農家さんです。ちなみに打木赤皮南瓜は1個で700円~1000円くらいします。松本さんの祖父は源助大根を生み出した人です。松本さんはその元祖の源助大根を作っています。
本題に戻ります。最初に寺岸先生と松本さんが名刺交換しました。今まで本やテレビのなかでしか名刺交換を見たことがないので、実際に見て、テレビと一緒だなーと思いました。その後、座って大根に関する話をしました。僕たちは、種を発芽させてから種を5つ同じ場所に20cm間隔で植えた(植える場所が狭かったので20cm間隔)のですが、松本さんは種を2つ同じ場所に約30cm間隔で植えていらっしゃるそうです。しかも、播く時期によって、播種の間隔を2cm単位で調節されているとか。本当に興味深いお話ばかりで、大変参考になります。途中ですいかをご馳走になりました。甘いし、今年食べた他のすいかよりも水分が多く、おいしかったです!!

M1000006.JPG
他にも目からうろこの情報が。松本さんから"魔法の薬"を教えていただきました。「ガスタード微粒剤」です。これは、畑にいる害虫や雑草などを殺したり、土壌病害を防いだりするのに高い効果を発揮する薬品です。この薬品が話にでたのは、今、僕たちが大根を作っている場所は前から大根を作っている場所なので、水をまくと、去年の大根の種が発芽したり土中に残った根などから大根ができて、どれが今年植えたものなのか分からなくなるので、何か前の大根を植える場所からなくす良い方法ってありますかと質問からです。しかし、ガスタード微粒剤は劇物で人体に影響があることと、学校に畑があるので万が一他人に影響を及ぼすこともあるかもしれないので、使用するかどうか検討しています。
M1000008.JPG
松本さんと話して、参考になること、その他のいろいろなことも聞けたので、とても良い経験をした一日だと思いました。その経験を今後の研究などに生かしていきたいです。また、松本さんにも、このダイコンコンソーシアムと、各校の研究について興味をもっていただき、「発表会、ぜひ見に行きたいです。」と言っていただきました。今後とも、私たちの研究にアドバイスをいただきたいです。また、ぜひ松本さんの畑を見せてください。
今年度は、石川県が誇る「源助ダイコン」を追及してみたいです。
松本さん、本当にありがとうございました!!!
また、このような会を設定してくださいましたNHKの吉岡さん。本当に、いろいろとお世話いただきありがとうございました。今後ともよろしくお願いいたします。

M1000001.JPG

ページトップへ

レインボー植物を作ろう!! 2014

2014.07.24 [石川] 小松高等学校

こんにちは!1年生社員の松下です。
第1回に引き続き、第2回の自由研究支援講座を行いました!私は、午前中は再び「あぶりだし」を、午後は「レインボー植物」やらせていただきました。

hgdfjfffjk.JPG午前中に行った、「あぶりだし」は、前回の反省を含め、よりよくなるように工夫しながらやりました。まず、前回は小学生に待ち時間を与えてしまいました。なので、今回はそこの部分にあぶりだしと糖分の関係についての説明をいれました。そうすると、時間の面ではうまくいったと思います。ですが、その支援講座のグループによって、文字や絵をかくスピードが速かったり、遅かったりして時間のあまり具合に差があることが分かりました。
そこらへんは考えていなかったので、また、このような講座があったら細かい所まで気をつけながらやりたいな、と思います!そして、工夫の面ですが、前回の反省から、樟脳を実験対象からはずしました。この前は、樟脳が乾いて、粉っぽくなってしまいました。それで、小学生が描きにくそうにしていたので。あぶりだしは、前回よりか発展していたんじゃないかと思います。

reishkdjg.JPG
午後ですが、「レインボー植物」を担当しました。レインボー植物は、待ち時間の説明は考えていたのですが、思っていた以上にさらっと終わってしまったので、もう少し段取りをしておけばよかったなと思い、反省しているところです。


hjfsghj.JPGあぶりだしは、またあるので今日出た課題を修正できるように努力したいです。

wakureinbo.JPG

ページトップへ

第2回 「中海小学校出前授業」

2014.07.23 [石川] 小松高等学校

こんにちは。何かとお騒がせの徳井です。

今回、中海小学校への訪問は2回目でした。
春には巨大なたけのこが一面に生えていておどろおどろしかった裏山も、いまでは青々とした竹が競うようにのびていました。

nsakmshakjugt.JPG18日は小学校の終業式だったようで、ランドセルに加えて絵の具バックやらなにやらいっぱいに抱えている小学生もちらほら。
計画的に持って帰らないと、終業式の日は荷物が重くなっちゃうんですよねー。

aburihjsagh.JPG

abuiueig.JPGあぶり出しはにったま、樟脳ボートは星野君、水中しゃぼん玉はりさちゃん、徳井はクロマトグラフィーを担当しました。
久保ちゃんのテーマであるクロマトは初挑戦だったので、どう15分を進めたらよいかと悩みました。
水性ペンで色をつけたろ紙に水を吸わせると、水性ペンの色素が分かれるという実験です。

penjsdkh.JPG

penmjdahjk.JPGなぜ色がわかれるのかという説明に苦労しました。
色が分かれていく様子を見ている間はにこにこしていた小学生たちの顔も、説明を始めるとだんだんと曇り・・・焦りました。
大切な部分を理解してもらえなかったのは、一番の失敗です。

suityutuy.JPG suityyiu.JPG他の3人の様子はあまり見れなかったのですが、りさちゃんは講座にはもうだいぶ慣れたようで、余裕を感じさせました。作るのにはコツが必要ね水中しゃぼん玉ですが、アドバイスや声掛けが上手だったと思います。

syounnoiydagj.JPG

syouadkjgk.JPG星野君は、相変わらずの小学生人気。小学生の作る樟脳ボートのかたちはみんな「☆」型でした。
 
夏休みには講座があと2つ。特にハイレベル実験講座は、遺伝子に関することなので小学生や中学生たちには理解が難しいところ。わかりやすく説明するにはどうしたらよいかを工夫していきたいと思います。

 

ページトップへ

Prev 6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16

各校の研究活動 トップへ

新着コメント

From:愛媛県 北条高校 田中(06/23)

4.26PM おもしろ実験教室 交雑編 ダイコン

From:小松高校 新田マ(06/06)

ハイレベル実験教室 アルコール分解酵素 

From:小松高校 越田(06/06)

新入部員の 越田 です

From:愛媛県 北条高校 田中(05/14)

新入部員の 越田 です

From:愛媛県 北条高校 田中(05/12)

ハイレベル実験教室 アルコール分解酵素 

From:愛媛県 北条高校 田中(05/12)

おもしろ実験教室 顕微鏡編 4.12

From:愛媛県 北条高校 田中(05/01)

守口ダイコン収穫

From:小松高校 新田マ(03/25)

2014年度 せいぶつ実験教室 3.15

From:小松高校 新田マ(03/24)

2.11 自由研究のヒント講座 顕微鏡編

From:大阪府立住吉高校 伊藤(03/24)

大根の収穫とその利用

検索

ページトップへ

Special Thanks!

独立行政法人 科学技術振興機構 文部科学省 鹿児島県教育委員会

鹿児島大学 東北大学 九州大学 三重大学