文字サイズ小さく文字サイズ大きく 文字サイズ標準

HOME各校の研究活動 > コアSSH研究会に参加しました。

≪ Prev | Next ≫

コアSSH研究会に参加しました。

2014.08.21 [鹿児島] 曽於高等学校

今日はSSHに参加してさまざまなことを学ぶことができました。
とても緊張していましたが発表は明日ということで今日はリラックスして講話を聞くことができました。
また色々な学校とふれあうことができて良かったです!!


明日はいよいよ発表。。。
いままで研究を精一杯つたえられたらいいなとおもいます!

ちなみに。。。私たちはトマトが磁石で動くのか??ということを調べています!
DSCN1628.JPG

ページトップへ

≪ Prev | Next ≫

この記事へのコメント(12)

トマトの研究
楽しそうですねー。
なぜ磁石につくかはしらないので,教えてください!

今日の発表楽しみにしています。

曽於高校の皆様へ

トマトの研究面白そうですね!
プレゼンも見ていてわかりやすかったです。
トマトが磁石につくことを今日初めて知ったので、本当に驚きでしたし、興味深い研究計画でした。

曽於高校の皆さん!発表お疲れ様でした!そしてとても分かりやすい発表をありがとうございました!
曽於高校は私たち福山高校とは隣の高校になるのでお隣さんですね(笑)
研究や地域の方々への科学のPRなどで曽於高校の皆さんと共同で活動できる機会があれば是非共に活動をしていきたいです!
新参者同士ですが大隅半島の科学のさらなる発展を目標にして共に頑張っていきましょう!

曽於高校のみなさん  大迫先生

とても面白い研究計画発表、ありがとうございました。
純粋に不思議だなぁ、面白いなぁと思えるような実験で、「へぇ?」と思いました。
みなさんにとっては、少し厳しいコメントもあり、ちょっと心を痛めたこともあるかもしれません。ただ、ダイコンコンソーシアム発足当時の研究会は、厳しいコメントで痛打され、泣き出す生徒もいたように思います。
この研究会の素晴らしいところは、大学の先生方が、発表する高校生を1人の研究者とみなして、研究室の学生さんに対して指導するのと同様の厳しい視線でアドバイスをしてくださるところにあると思います。
今日は、研究の方向性について、秦先生からピンポイントな、クリティカルなアドバイスがありました。しっかりと計画を見直して、12月に素晴らしい発表、自分たちが満足、納得がいく発表ができるように祈念しております。
トマトが磁石で動くということ。早速、本校の小中学生向け教室で見せてあげたいと思います。
不思議だなぁと思う刺激。とても大切だと思います。改めて、教えていただきました。ありがとうございました。

曽於高校の皆さん
 短い時間では重要な点だけを述べたので厳しめに聞こえたかもしれません。でも研究では常に考えつつ進むことが必要ということを知って欲しくてコメントしました。ここでは少し補足をしておきます(小松高校・寺岸先生もコメントありがとうございました)。
ーーー
 皆さんの研究のスタート「トマトが…」はすごく自然でいいものです。ただ調べると「水(など色んな物)が反磁性を示す」が見つかって…これからどうしよう?となってしまいます。これは高校生が行う物理系研究の多くがぶつかる問題です。私も錦江湾の高校生の研究を指導することがありますが,何を研究するかを探すところが実に難しいです。調べられていない&とってつけたようでない課題を見つけることは簡単ではありません。
ーーー
 でも,答がわかっても,それにきちんとアプローチすることはよい研究だと思います(以前,錦江湾の高校生とブラウン運動の測定&勉強を行いました。100年前の実験ですが,歴史的に原子の存在を確信する上で重要な位置を占める実験です。それを高校生が自分たちの手でやるというのをポイントとしました。※うちの大学院生も映像で見ただけでやったことのない実験です)。
ーーー
 「トマト…」の研究でも,皆さんが「水入りゴム風船でやってみた」というのは自分の手で確かめたという意味で良いところです。さあ,そこで考えてみましょう(この後,研究のヒントになるかもしれないコメントを書き始めたのですが,他高校生に秘密の方が12月にインパクトがあるので消しておきます。ヒントは曽於高校にメールで送りますので連絡ください)。「トマト…」の料理の仕方は1つは「きちんと調べるということは?」かなと思っています。もちろん,他の料理もあるかもしれません。
ーーー
 12月に美味い料理を出してくれることを楽しみにしておきます。

曽於高校のみなさまへ


東北大の渡辺でございます。鹿児島ではご苦労様でした。この磁石の発表まで聞いて、時間の関係で、失礼してしまいました。終わったあとにでももっと議論ができればよかったのですが、申し訳ありません。関西で打合せがあったので。


秦先生がたくさんのことを書かれてあるので、それで十分参考になると思いますが、植物の側から考えると、なぜ、植物の中の物質が磁石の性質を持つ必要があるのか、それは、持つことに意味があるのか、何かの結果として磁石の性質を持ったのか。それを考えてみて下さい。つまり、植物の側に立ってということです。あるいは、あまり動かないような動物も磁石の性質があるのかということもヒントになるかもしれません。植物だから、磁石の性質なのか、生物一般に磁石の性質を持つのか。冬の発表を楽しみにしております。


そうそう、渡辺の講義風景などの記事を記しております。あわせてご覧下さい。
http://www.ige.tohoku.ac.jp/prg/watanabe/diary/2014/08/21104025.php
http://www.ige.tohoku.ac.jp/prg/watanabe/diary/2014/08/22000559.php
http://www.ige.tohoku.ac.jp/prg/watanabe/diary/2014/08/22161835.php


わたなべしるす

コメントありがとうございます。
これからもっと掘り下げて研究を進めていきたいとおもいます。

曽於高校科学部一同

小松高校 久保田様

コメントありがとうございます。
そう言っていただけると光栄です。
これからも、頑張っていきたいです。

福山高校 八木様

コメント有り難うございます。
これからお互い切磋琢磨して良いものを作り上げていきましょう。
一緒に全国大会にいきましょう

小松高校 寺岸様

コメントありがとうございます。
これから計画をしっかり立てて頑張っていきたいです。
小中学校にも輪が広がっていったらいいなと思います。

鹿児島大 秦様

コメントありがとうございます。
大学のメールアドレスにも返信させていただきました。
これからの研究に参考させていきたいです。

東北大 生命科学 渡辺様

コメント有り難うございます。
植物の視線にたって考えるということに驚きました。
これからもがんばっていきます。

この記事にコメントする

※メンバー校の方は学校名と名前(ハンドルネームOK)を入力してください。

※連絡用に使用します。WEB上には公開されません。

 
(URLは自動リンクされます)

≪ Prev | Next ≫

各校の研究活動 トップへ

新着コメント

From:曽於高校科学部一同(09/09)

コアSSH研究会に参加しました。

From:曽於高校科学部一同(09/09)

コアSSH研究会に参加しました。

From:曽於高校科学部一同(09/09)

コアSSH研究会に参加しました。

From:曽於高校科学部一同(09/09)

コアSSH研究会に参加しました。

From:曽於高校科学部一同(09/09)

コアSSH研究会に参加しました。

From:錦江湾高校 河野様(09/09)

コアSSH研究会に参加しました。

From:東北大・生命科学・渡辺(08/29)

コアSSH研究会に参加しました。

From:鹿児島大 はた(08/25)

コアSSH研究会に参加しました。

From:小松高校 寺岸(08/22)

コアSSH研究会に参加しました。

From:鹿児島県立福山高等学校2年八木勇成(08/22)

コアSSH研究会に参加しました。

検索

ページトップへ

Special Thanks!

独立行政法人 科学技術振興機構 文部科学省 鹿児島県教育委員会

鹿児島大学 東北大学 九州大学 三重大学