文字サイズ小さく文字サイズ大きく 文字サイズ標準

HOME各校の研究活動 > 2014年4月 アーカイブ

2014年4月 の記事を表示しています

新入部員の 竹田 です

2014.04.29 [石川] 小松高等学校

こんにちは。はじめまして。生物部に新たに入部した1年生の竹田です!
部活1日目水やりでミストができました!車の下にホースを通してだいこんに水やりなんてすごいと思いました。さらに、3年もののキャベツのつぼみを食べました。味はキャベツでした。少しブロッコリーぽかったです。弟に自慢します!

taklshajj.JPGさて、私が生物部に入部した理由は部活動体験のときに実験と先輩と話すことが楽しかったからです。親の反対を乗り越え入部することができました!これからたくさんのことをここで学んでいきたいです。

taksjhdkjag.JPGあと私は漫画と音楽を聴くことが好きです。
小説も好きです。

最近友達のMさんちが顧問に爆撃されそうなので終焉を観にいこうと思います。

tskashgj.JPGこれから先輩方と同級生といろいろな研究をがんばります!
よろしくおねがいします!!

ページトップへ

新入部員の久保田です

2014.04.25 [石川] 小松高等学校

初めまして。新入部員の久保田です。

生物部に入った理由は、中学校のときに理科の二分野(植物と動物)のところが大好きだったのと、部室内にいるイモリと亀が可愛かったからです(笑)
他の女の子の話を聞いていると、意外と両生類や爬虫類が嫌いな人が多いようですが、私は平気です。家の洗面所の窓に、ヤモリが張り付いていたりすると、テンションが上がります。とても可愛いです。
反対に、苦手なのはアリです。見ただけで寒気がします。小さいころに凶暴な外来種のアリの大群に襲われたことがあるので、近くに持ってこられたら無言で避けます。...ああ、思い出しただけで鳥肌が。

kubotsatatya.JPGあまり楽しい話題ではないので、話を変えます。

私の趣味は、読書と落書きと、動画を見ることです。それと、ゲームも好きです。
お勧めの本とか、動画とかがあれば教えてもらいたいです。ちなみに、本はSFとかファンタジー、時代物が好きです!ノンフィクションはあまり読みません。
あと、一番好きな動物は犬です。あんなに可愛い生き物はいないと思います。
特にレトリバー系の犬が好きです。賢いうえに、なんだか笑っているような、とぼけた表情をしているので、本当に愛すべき生物だと思います。
犬への愛を書くと何時間も経ちそうです(笑)

DSCF6347.JPG抱負。
生物部に入って、これから頑張りたいことは、勉強との両立です。
せっかく楽しい部活に入ったので、あまりにもひどい成績をとって、辞めさせられることのないように。と、いうか、なるべくいい点数を取れるように頑張りたいです!

DSCF6222.JPG

ページトップへ

「生物部の道具」シリーズ ①

2014.04.24 [石川] 小松高等学校

「生物部の道具」シリーズ第1回目です。
この連載では、生物実験室にあって生物部に関わりのある様々な道具たちを紹介していきます。

今回取り上げるのは、「カメラ付き顕微鏡」
これは去年の2学期ころから仲間入りしました。
何といっても便利なのは、顕微鏡に直接カメラがついていること。
写真を撮る際、普通の顕微鏡ではデジタルカメラを接眼レンズの部分に押し当ててシャッターを押します。
DSCF6025.JPG簡単そうに思われるかもしれませんが、意外と難しいのです。
まん丸の円を撮ろうとしても影がおおってしまったり、光が強すぎて見にくかったり。。
カメラと接眼レンズの位置と距離、そして顕微鏡の明るさ、これらの調節が非常に微妙なのです。
速く、きれいな顕微鏡写真を撮るには、熟達した技能が必要でした。
(初めて挑戦した時には、私が茎の切片一本分を撮る間に、ボスは4本も終わらせていまそた。)
しかし、カメラ付き顕微鏡を使えば、職人になるための修練などは特に要らなくなりました。
ただボタンを押すだけで写真が撮れるようになったのです。
私たちが通常では覗く部分にカメラがついていて、さらにその上にディスプレイがついています。
きちんと固定されているので、手で取る時のようにぶれることもありません。
明るさ調節も非常に簡単です。
また、普通の顕微鏡とカメラで写真を撮るときは見る部分は円ですが、これで取ると全画面に観察物が映ります。
本当にありがたいのは顕微鏡写真を組み合わせる時の作業工程が減ったことです。
このように細かな調節をしなくても、簡単に写真を撮れるようになったのです。
そして、時間短縮につながりました。
人数も放課後の時間も限られる小松高校生物部にとっては良いことです。

DSCF6026.JPGただ問題があって。。。。
まず、カメラ付き顕微鏡は1台しかないこと
2人以上で観察する時には、1人だけが使います。
たいてい、ボスがデジカメを使い、徳井がカメラ付き顕微鏡を使っています。
ボスは、カメラ付き顕微鏡は使いにくい、と言っているので。。。
ただ、大切なのは、デジカメで写真を撮る技を身に着けておいたほうが良いということ。
もしも壊れてしまったときとか、必要になる場面は必ずありますから。。。
たまにはボスと役割を交代したいと思います。
この間、久しぶりにデジカメで顕微鏡写真を撮ったところ、全く出来なくなっている自分に気が付きました。

DSCF6027.JPG便利なものは、手間が省けて楽になるという良いかもしれません。
しかし、それがもしなかったら、使えなくなったとしたら、と考えると色々な技術をもっているのは悪いことではない気がします。
毎日を送るのに不可欠なものは、なるたけ少ないほうがいいですね。

シリーズ「生物部と道具」第1回「カメラ付き顕微鏡」、書き申し上げつるは徳井なりけり。

ページトップへ

新入部員の中西です

2014.04.24 [石川] 小松高等学校

こんにちは。新しく生物部に入部した中西です。ちなみに新入生です。さらに理数科です。と、いっても運がよかっただけかも・・・

nakanisnisih.JPG中学時はバスケットボール部でした。ここで生物部の第一印象を書きたいと思います。
その1 部員の仲がよい
その2 水槽がたくさん
その3 入部二日目から渡辺先生と先輩との議論がすごい
その4 同級生の星野くんの記事がすごくてビビッた
これからうまくやっていけるか不安ですがよろしくお願いします。


nakanisnus.JPG

ページトップへ

記事の作成が遅れましたが・・・徳井です。

科学の甲子園は3月21日から24日まで行われました。
日程としては、1日目は開会式、2日目は午前が筆記競技、午後が実技競技①と②、3日目はホバークラフト、4日目は希望学校が参加するエクスカーションです。

syutujousjoaj.JPG各競技の報告から・・・
筆記競技:物理、生物、化学、地学、数学、情報の6分野の中から出題される12問の問題を6人で解く競技です。
学校のテストのような感じですが、問題はチームの仲間と相談して解いてもよいことになっています。
また、各分野の融合問題もたくさん出題されます。第2回科学の甲子園の問題を解いていたら、
心臓や血管など循環系の生物の話だったのですが、圧力など物理のこともたくさん絡んでいました。
生物中心の問題にはけっこう物理が入ってきます。
今大会も物理系の問題が少し入っていました。
なので、物理担当のメンバーと話し合って答えを出しました。

良かったのは、空欄なく答えを出したことです。
まあ、生物は他に比べて問題の分量が少なかったこともあると思いますが...
反省点は、解くスピードが非常に遅かったこと。
焦りもあって、文章が頭に入ってきませんでした。
電卓にも慣れていなくて、数字を何度も打ち間違えてロスを食いました。
情報担当の子が片一方の問題に時間がかかって、もう一方にはほとんど手を付けられなかったと後から話していたため、自分が早めに解き終えてそちらを手伝うべきだったと思いました。

実技競技①:生物分野の競技でした。
      生物関連というのは事前から発表されていましたが、内容は知らされていませんでした。
      3人が出場できることになっていたので、私徳井と参謀、そしてリーダーが参戦しました。
      課題1と課題2がありましたが、課題1は正体がわからないアミノ酸を、クロマトグラフィーで何のアミノ酸かを当てる問題。
      課題2はクイズというかパズルというかそんな感じでした。
      クロマトグラフィーは参謀が一度してみたことがあったらしいので、スムーズにできました。
      課題2は私が担当していたのですが、もっとみんなで協力すれば良かったと思いました。


 

kagaksubnidhij.JPG        

問題はたぶん科学の甲子園のホームページに掲載されていると思います。


実技競技②:物理分野の競技でした。
      

ホバークラフト:おんさくんチームとして、一番時間をかけて準備してきました。
        放課後も部活に行かずに
        前日の夜も部屋で作る練習をしていました。
        本番では、予選で2回レースをすることができることになっていました。
        しかし、1回目では少ししか走らずにコースの途中で止まってしまい、走りなおしをしたところ、結局走らずに結果になりませんでした。
        2回目のレースでは全く走りませんでした。
        私は2階席からレースの様子を観戦していましたが、見ていて辛くなりました。
        後から聞くと、遠心ファンのボンドのつけ方や電池に不具合があったそうです。

おんさくんはすでに今年度の石川県科学グランプリに向けた準備を始めています。
週1回のペースで物理や化学の分野の実験を行っています。
先生方にも協力してもらっているのでとてもありがたいです。
また、筆記については各自物理、化学、生物、地学、情報、数学を勉強しています。
全国大会の点数の結果が筆記部門がとても悪かったので、そこをのばしていきたいです。
今年は、2年生にもなり、部活で中心メンバーになったり、課題研究があったり、などなど、特に放課後はみんな忙しいのですが、がんばっていこうと思います。
この科学の甲子園で味わった悔しい思いを来年取り返したいです。

kagakukousiiakhiw.JPG

ページトップへ

1  2  3

各校の研究活動 トップへ

新着コメント

From:小松高校 寺岸(09/05)

打木源助ダイコン畑 播種しました。 8.24

From:小松高校 寺岸(09/05)

打木源助ダイコン畑 播種しました。 8.24

From:小松高校 徳井(09/02)

打木源助ダイコン畑 播種しました。 8.24

From:小松高校 久保田(09/01)

第1回 研究会 ありがとうございました。 小松高校

From:小松高校 竹田(08/31)

第1回 研究会 ありがとうございました。 小松高校

From:東北大・生命科学・渡辺(08/29)

鹿児島大学でコアSSH

From:東北大・生命科学・渡辺(08/29)

交流会参加中

From:東北大・生命科学・渡辺(08/29)

鹿児島大学でコアSSH

From:東北大・生命科学・渡辺(08/29)

コアSSH研究会に参加しました。

From:東北大・生命科学・渡辺(08/29)

コアSSH 参加しています。 小松高校

検索

ページトップへ

Special Thanks!

独立行政法人 科学技術振興機構 文部科学省 鹿児島県教育委員会

鹿児島大学 東北大学 九州大学 三重大学