文字サイズ小さく文字サイズ大きく 文字サイズ標準

HOME各校の研究活動 > 2014年3月 アーカイブ

2014年3月 の記事を表示しています

鹿児島県の地方紙「南日本新聞」に載りました!!

2014.03.29 [鹿児島]錦江湾高等学校

昨日、南日本新聞の記事に私たち、化学部がのりました!!

 

http://373news.com/_sakurajima/index.php?storyid=55797

 

今回は先日のつくばscienceEdge2014への参加についての記事でした。


実は前にもいくつかの新聞社から取材やニュースに取り上げていただき、

今ではもう慣れてしまったかのような対応の荒川(新)部長ww

あまり緊張することなくこの日の取材も済ませました!

こうやって、いくつかのメディアからの取材がくることで化学部の知名度、

ひいては科学の人気が上がっていけばいいなと思います!

それでは、今回はこちらで失礼します!              化学部一同より

 

 

ページトップへ

つくばscience Edge 2014に参加してきました

2014.03.28 [鹿児島]錦江湾高等学校

どうも~錦江湾高校 化学部です!
つくばscience Edge 2014に参加してきました!!

大変貴重な経験をさせていただきました!!
発表は主に生物がメインで、すばらしい研究発表をみて大変感動しました!
この発表会、全体的に長年(中には十年間、個人的に進めてきたという人も・・・)実験を進めたグループがおおく、感心しました!
池田高校さんの蟻の研究も素晴らしかったです!
また、英語による発表もほんとにすごかったです!!
1.jpgのサムネール画像

発表後には江崎 玲於奈博士と写真撮影していただきました!
DSC00035.JPG
今回の発表会全体がいい経験になり、また自分たちにとってはいい刺激にもなったので今後の自分たちの発表、ポスター発表に生かしていきたいと思います!!

今後とも錦江湾高校 化学研究部をよろしくお願いします!

ページトップへ

植物生理学会に参加しました

2014.03.22 [石川] 小松高等学校

小松高校の寺岸です。

3月20日に富山大学で開催された植物生理学会に参加してきました。

記事担当生徒が、しばらくお休みのため、速報版を出させていただきます。

今回は、このコンソーシアムの連携校では、本校の他に広島国泰寺さん、大阪住吉さん、錦江湾さんが参加されていました。これまで、学会の参加申込締切後に、参加校と発表テーマリストのようなものが送られて来て、確認が出来ていたのですが、今回は確認せずに当日を迎えました。みなさんの参加を知っていれば・・・と、少し感じながら。特に、国泰寺のシャークくん(勝手にあだ名をつけてスイマセン)には、全身緑色の衛青ダイコンを持っていけたのにと、後悔です。

konso-siamuhappyousis.JPG本校生徒もよくがんばりました。もともと1年生主体なので、発表会にも慣れてきています。来年度はさらなる活躍を期待します。

sykubutuseiritoyma1979.JPG閉会式では、学会の大御所の先生方の講評がありました。今の高校生たちにタイムリーに浸透しそうなコメントで、とても勉強になりました。今関先生がおっしゃった「力の研究とワザの研究」は、どこの大会に参加しても感じます。力=お金を使う、ワザ=頭を使うという意味に解釈しました。どちらも揃えば素晴らしい研究ができると思います。しかし、高校生では、どちらかが欠けてしまいますね。

oogosyo.JPG本校の研究は、どちらかというとワザの方かも知れません。今の1年生が行っている研究は、まさにワザだと思います。考えながら植物を切って、変化を見て、考察して。

力の研究、最近増えてきているような気がします。私のイメージでは、遺伝子関連を扱うモノが特に該当するような気がします。遺伝子を扱う研究でも、ステキな研究はもちろんありますが、方法論に終始して、PCR法や電気泳動の説明を延々と繰り返すものは、筋違いではないかと思います。遺伝子部分は結果程度にして、なぜ遺伝子を扱ったか、何をターゲットにしているのか、目的は何か、そして、どのような考察をしたのかに重きを置いた研究は、ステキな発表になっていると思います。

高校生発表会は、どんどんレベルアップしていると思います。研究者の方々が、「高校生発表会を楽しみにしている」「アイデアを求めて来ている」と、お世辞だと思いますが、話しかけてくれるのは、生徒たちのモチベーションを高める効果があると思います。これからも、このような機会に恵まれることを期待しています。

morigutisakurajima3202014.JPG

ページトップへ

小松高校の圃場の様子

2014.03.22 [石川] 小松高等学校

こんにちは、栗原です。今回、圃場について書いていきたいと思います。

hojou3172.JPGダイコンの苗たちは、厳しい冬の寒さにも負けず、すくすくと育っていきました。9月ごろの小さかった葉は、今では大きくなり上へ上へと伸びています。また、葉だけではなく根も「ダイコン」らしく丸みをおび、ポッドに土を敷き詰め、種をまき、その後育った苗のときのような面影は無くなり、少し寂しいような気持ちがします。しかし、そのような気持ちとともに、立派なダイコンに育ってくれたことへの感謝の気持ちもまた感じています。


hojou3173.JPG品種では、桜島が一番大きく成長しているように感じます。二番手は、紅化粧ですかね。源助たちも源助らしい形になりました。カイワレはツボミができ、もうすぐ開花しそうです。
植物は、昆虫や、動物たちとは違って、育てるのに一癖もふた癖もありますが、また異なるやりがいを見出すこともできます。やはり、植物や動物を育て、観察することは研究の初歩であると感じ、その先を見据える考え方を養ってくれるものだと思います。

hojou3171.JPG

 

ページトップへ

課題探究 英語版発表会

2014.03.20 [石川] 小松高等学校

こんにちは、三ツ出です。
今回は、一週間ほど前に行われた英語版課題研究発表会について書きます。
去年の11月に行われた課題研究発表会を英語で発表するものですが...

kaijou16.JPGとにかく苦労しました。まずスライドを英語にして、原稿も英語にしてというところから始まり、その英語を覚えることにも時間を使い...
とにもかくにも苦労して向かえた本番でしたが、実際に人前に出てみると緊張するわ緊張するわ。どこかで「観客は芋だと思え(笑)」という言葉を聞いたことがありますが、ムリでした。結果的には無難に発表できたのでよかったと思います。
dentisa201.JPG eigo17.JPG発表が終わっていと安心したのもつかの間、次は観客のALTの方々からの英語での質問に答えなければなりません。心の中でくるな~と祈っていたのですが、願い届かず、質問が来ました。
「What do you think ...」
↑英語で書こうと思ったが、挫折した。
少しパニクってほとんど覚えていませんが、友達が答えてくれたので何とかなりました。
全体的に見ると、自分的には70%ぐらいの出来でした。

ページトップへ

1  2  3  4

各校の研究活動 トップへ

新着コメント

From:小松高校 寺岸(09/05)

打木源助ダイコン畑 播種しました。 8.24

From:小松高校 寺岸(09/05)

打木源助ダイコン畑 播種しました。 8.24

From:小松高校 徳井(09/02)

打木源助ダイコン畑 播種しました。 8.24

From:小松高校 久保田(09/01)

第1回 研究会 ありがとうございました。 小松高校

From:小松高校 竹田(08/31)

第1回 研究会 ありがとうございました。 小松高校

From:東北大・生命科学・渡辺(08/29)

鹿児島大学でコアSSH

From:東北大・生命科学・渡辺(08/29)

交流会参加中

From:東北大・生命科学・渡辺(08/29)

鹿児島大学でコアSSH

From:東北大・生命科学・渡辺(08/29)

コアSSH研究会に参加しました。

From:東北大・生命科学・渡辺(08/29)

コアSSH 参加しています。 小松高校

検索

ページトップへ

Special Thanks!

独立行政法人 科学技術振興機構 文部科学省 鹿児島県教育委員会

鹿児島大学 東北大学 九州大学 三重大学