文字サイズ小さく文字サイズ大きく 文字サイズ標準

HOME各校の研究活動 > 2013年5月 アーカイブ

2013年5月 の記事を表示しています

第1回 中海小学校 高校生による出前授業

2013.05.29 [石川] 小松高等学校

こんにちは、南田です。5/20は土曜日に学校があったため授業はありませんでした。でも部活はありました。(笑)

DSCF1518.JPG5/20は中海小学校に出前授業に行きました。小学5年生対象で、顕微鏡観察を行いました。
初めに顕微鏡の原理を説明し、小さい文字がどのように見えるのか確認しました。
それが終わったら班ごとで好きなものを見ていきました。
みんなとても興味をもって観察してくれました。
nakaumi5201.JPG観察したのはスギナ、アルテミア、レインボー植物(ガーベラとカラー)の茎、バナナ、ツナ、ネンジュモです。
小学校で育てているメダカの水槽の水も観察しました。
僕はネンジュモが陸上にいる生物というのをすっかり忘れていて、危うく水の中にいると教えるところでした。ぼけてきているんでしょうか...(笑)
nakaumi5202.JPGとにかく!楽しい時間を過ごせました。
また5/30に中海小学校に出前授業をします。次も楽しく小学生とふれあいたいです。

DSCF1535.JPG

ページトップへ

第1回 橋立中学校 高校生による出前授業

2013.05.27 [石川] 小松高等学校

皆さん、こんにちは。生物部の大嶋でございます(^∀^)。
5月17日に加賀市立橋立中学校へ出前授業に行きました。橋立中学校は私の母校なので、なんかすごく懐かしかったです(卒業してまだ半年も経っていませんが・・・)。
出前授業のテーマは「体細胞分裂を観察しよう!」で、対象は3年生(私にとっては1つ下の後輩)でした。

DSCF1503.JPG後輩たちのほとんど(たぶん全員)が私の顔を知っていたので、始めのあいさつのときに何人かは私を凝視していました。めちゃくちゃ恥ずかしかったです(>_<)。
そして、あいさつが終わった後は、6つのグループそれぞれを生物部員が1名ずつ担当して、体細胞分裂の実験がスタートしました。顕微鏡の操作方法、実験の手順、観察のポイント、体細胞分裂の概要説明など、すべてを生物部員たちが個別に説明し、中学生からの質問にも答えました。
私の場合、観察をする前にいろいろと作業の説明をしたとき、説明する相手が後輩だからといっても緊張はするモンで・・・しかし、説明していくうちにだんだん慣れて、気づいたときには緊張とサヨナラしていました。
demaeyousu517.JPG出前授業の様子はというと・・・
後輩たちは良い子ばかりなので(他の班はわかりませんが)、手際よくスムーズに観察前の作業を終わらせることができました(後輩に感謝☆)。
で、観察のほうは・・・
IMG_8842.JPG細胞はたくさん見えるのですが、肝心の細胞分裂途中の細胞がなかなか見つからず、「30分ぐらい探しても2個ってどれだけだよっ!」という感じでした。
途中、いろいろありましたが、無事に出前授業を終わらせることができました。後輩との話もはずんで楽しかったです。最後に、私たちにジュースをくださった、橋立中学校の理科担当、明翫先生に感謝☆

haidatetyuu517.JPG

ページトップへ

交雑の日 5月3日

2013.05.24 [石川] 小松高等学校

こんにちは。そしてはじめまして。
小松高校生物部新入部員の川辺㋷です。

DSCF1279.JPG5月3日は天気が良くて交雑日和でした。ということで・・・世界(畑)交雑デー!(命名寺岸先生)に行ってきました-。メンバーは1年生5人、開催地はおなじみ寺岸先生の畑でした。
しかし出発するときに、前日の雨で現地の花粉が使えない状態になっていることの気付き、急遽学校の温室から持っていくことに。そのおかげで予定より30分遅れのスタートでした。

kouzaty1nnesei53.JPG今回の交雑のメインは「クオーターづくり」です。ハーフのダイコンを母親にして、祖父、祖母の品種と交雑しました。
交雑する際、「4月17日の渡辺正夫先生の研究指導で、先生がむしったツボミの雌しべ以外の部分を食べていた。」と新田㋮ちゃんから聞き(私は、渡辺先生の講座には参加していませんでした)、彼女と一緒に、いざ、実践(食)!!
渡辺先生によると、ツボミでも品種ごとに辛味がことなることがわかるそうですが・・・
私には、マメ科の雑草(カラスノエンドウみたいな?)のような味しかわかりませんでした。少し残念です。
DSCF1269.JPGブロッコリーやキャベツのツボミは少し甘かったです。
学校へ帰る車の中で、寺岸先生にツボミを食べたことを話すと、私たちに「ダイコンのツボミを食べ過ぎるとお腹をこわす」という課題研究班の実験結果(笑)を教えてくれました。ダイコンの種子は、昔、薬として使われたこともあったそうで・・・。たくさん食べなくてよかった・・・。

私が担当したのは
    ♀(母:紅化粧×父:守口)×♂紅化粧  ♀(母:紅化粧×父:守口)×♂守口
♀(母:紅化粧×父:守口)×♂(母:紅化粧×父:守口)
他に、ブロッコリー×キャベツもやりました。
集中すると疲れるモノですね。あっという間に時間が過ぎていき、気がついたらもう正午。作業をやめて腰を伸ばすと、バキバキと音が鳴りました(笑)。

DSCF1267 (2).JPGけれど後日、寺岸先生から袋やタグが風で飛ばされていたと聞いて・・・。どうも袋のかぶせ方が悪かったようです。反省、です('・ω・')
しかし、失敗は成功の元!何度も作業をしてうまくできるようになるよう頑張ります!

今回はこのくらいで終わろうかと思います。
私、実は他の部と兼部していて、あまり生物部の活動に参加出来ません。が、先輩や同級生たちと楽しく部の活動ができるよう、精一杯頑張ります!よろしくお願いします!!

DSCF1262.JPG


 

ページトップへ

マイクロスライサー

2013.05.23 [石川] 小松高等学校

マイクロスライサーとは・・・

    台に試料をベっと貼って、剃刀をガっとやって、スイッチを押すと剃刀がウィーンってなって、

    すごい切片を作ることができる機械、

                       つまり、これ!!!!!↓↓↓

 

 

DSCF1109.JPG

 

こんにちは。小松高校生物部の長田㋮です。

今回は、長田㋮の不用意な一言から決定してしまった企画というか、作文をお送りします。

穴があったら入りたいです。

 

『マイクロスライサーと私』

 

気がつくと、刃もの好きキャラになっていました。

ある方によれば、長田㋮の指はダイヤモンドカッターでできていて、電車も一刀両断できるそうです。

長田㋮と握手をする際はお気を付け下さい。

 

maikuro523.JPG

 

またあるとき気がつくと、『刃ものの魔術師』になっていました。

いつのまにか出世していました。

魔術師なのに刃ものという、よくわからないことになっています。

 

 

DSCF1134.JPG

そんな私には、お師匠さんがいます。それは、マイクロスライサー師匠です。

師匠は石川県立大学にいます。

立派なマイクロスライサーになれるように頑張っていきます。

 



ページトップへ

ダイコンの交雑

2013.05.22 [石川] 小松高等学校

はじめまして。1年生の新田です。

私たち1年生は生物部に入部してすぐにダイコンの交雑の方法を東北大学の渡辺正夫先生から教えていただきました。

DSCF1007.JPG本校で行っている交雑の手順を追っていきます。

1.母親となるダイコンから、ツボミが付いている茎を選び、開いている花は全部取る。

2.残ったツボミのうち、中心の小さなツボミをピンセットで取りのぞき、周りの大きなツボミを5~7個程度残す。

3.ピンセットでツボミのがく、花びら、おしべを取って雌しべだけを残す。

この3番目が1番難しいです!

3をするときには、気をつけなければならないことがいくつかありました。

まず、花を支える手に力を入れないこと。手に力を入れると、手の熱で花が弱ってしまいやすくなるそうです。私は作業に集中していて、気がつくと手に力が入っていることが何度もありました・・・。

次にツボミを横から見て、半分より下の位置からピンセットを入れること。

ツボミの根元からがくを取ろうとすると、ツボミごと取ってしまったり、残した雌しべが取れてしまったりします。

そして、集中力が必要です。

kouzatusyusui414.JPG慎重にしないと、雌しべまで取ってしまうし、ゆっくりすると手の熱で花が弱るし・・・。私は最初、おしべと一緒に雌しべを取ってしまい、出来たのは5個中2個ということも・・・。でも、何度も修行(?)するうちに、たくさん出来るようになりました。

すべてのツボミを雌しべだけにしたところで、次の作業へ進みます。

4.父親となるダイコンから開いている花を選び、ピンセットでおしべを取る。

5.4のおしべの花粉を、3の雌しべの柱頭に付ける。

6.日付、母親と父親のダイコンの種類、つくった個数、自分の名前を書いた紙を、雌しべが付いた茎にホチキスでとめる。

7.6の茎に袋をかぶせ、ホチキスでしっかりとめる。

7では、袋に空気を入れて膨らませておかないと、種子が出来にくいそうです。

kouzatu5121.JPG初め行った交雑は失敗ばかりで大変でした。これから生物部で様々な実験に積極的に取り組んでいこうと思います。

kouzaturisuto512.JPG

※上の表は、5月12日現在、交雑を行ったものの交配袋の数です。現在では、花期が終わっている品種が多いです。

 

DSCF1263.JPG

 

 

ページトップへ

1  2

各校の研究活動 トップへ

新着コメント

From:小松高校 寺岸(09/05)

打木源助ダイコン畑 播種しました。 8.24

From:小松高校 寺岸(09/05)

打木源助ダイコン畑 播種しました。 8.24

From:小松高校 徳井(09/02)

打木源助ダイコン畑 播種しました。 8.24

From:小松高校 久保田(09/01)

第1回 研究会 ありがとうございました。 小松高校

From:小松高校 竹田(08/31)

第1回 研究会 ありがとうございました。 小松高校

From:東北大・生命科学・渡辺(08/29)

鹿児島大学でコアSSH

From:東北大・生命科学・渡辺(08/29)

交流会参加中

From:東北大・生命科学・渡辺(08/29)

鹿児島大学でコアSSH

From:東北大・生命科学・渡辺(08/29)

コアSSH研究会に参加しました。

From:東北大・生命科学・渡辺(08/29)

コアSSH 参加しています。 小松高校

検索

ページトップへ

Special Thanks!

独立行政法人 科学技術振興機構 文部科学省 鹿児島県教育委員会

鹿児島大学 東北大学 九州大学 三重大学