文字サイズ小さく文字サイズ大きく 文字サイズ標準

HOME各校の研究活動 > 2013年3月 アーカイブ

2013年3月 の記事を表示しています

ジュニア農芸化学会

2013.03.29 [石川] 小松高等学校

小松高校の寺岸です。

来年度も小松高校在職いたします。ついに勤続10年目になります。田中先生、長年お疲れ様でございました。鹿児島でお会い出来ないこと、非常に残念です。

hojou324.JPGさて、23日の植物生理学会に続き、25日のジュニア農芸化学会にも参加しました。こちらは、「色素の吸い上げに着目してレインボー植物を作る」と「石川県版ダイコンコンソーシアムの取組」の2テーマを発表しました。

23日の夜に岡山から帰って、24日のお昼の飛行機で仙台入りするというハードスケジュールで。前泊でした。

24日の午前は、仙台第一高校の小松原先生にお世話になり、仙台第一高校の校舎見学と、被災地、蒲生干潟を案内していただきました。

sendaiitikou21.JPG仙台第一高校の生物実験室は、ナノドロップやシーケンサーなど、機材が充実していて、うらやましい限りでした。そして、被災地の状況、声を失いました。この現状を、この学期開けの早い内に本校生徒にも伝えたいです。そして、何を考え、何を思ったのか。小松原先生、本当にありがとうございました。

DSCF0441.JPGポスター発表会は、午後から始まりました。開始時間前からものすごい熱気で、観客が絶えることはありませんでした。高校生から研究者の方まで、幅広い客層の方に発表を聴いていただき、アドバイスと励ましをいただきました。2年生3名が常に発表を行ったので、かなりの人数の方に発表を聴いていただけたのではないかと思います。

kaijou324.JPG結果は・・・参加80テーマありましたが、堂々の銅賞受賞です。金賞1、銀賞2、銅賞2なので、上から5つに入ったことになります。金賞は2年連続か3年連続の受賞になっていると思います。卵膜を用いた発電に関するモノで、米子高専さんの発表です。

hyousyou324.JPGこの、ジュニア農芸化学会は、SSH校だけではなく、実業高校さんや高専さんの発表も聴けるので、とても楽しいです。そして、なにより参加者数が多くて、いろいろな先生方からアドバイスが受けられます。

スケジュール的にも、距離的にも無理をしてここまで発表にきた甲斐がありました。

レインボー植物の研究は、8月の横浜でも発表する予定なので、2年生(新3年生)を中心に、1学期の間さらに発展すると思います。

さらに、ジュニア農芸化学会のもう1つの特徴は、発表会終了後に夕食会があることです。もちろん、無料で、参加校のほとんどが参加します。今回は特に豪勢なメニューで、ケーキやお寿司、お刺身、牛タン他、いろいろなメニューが並びました。中でも舟盛りは、鯛の尾頭付きで、サザエ、アワビ、ウニなど、高級食材が並んでいました。

ryouri324.JPG翌26日午前には、東北大学の渡辺先生の研究室を訪問させていただきました。2時間ほど、渡辺先生の研究室とお隣の食品関係の研究室を案内していただきました。その様子はまた、生徒がupすると思います。渡辺先生ありがとうございました。

と、ここまでは順調だったのですが・・・・またまた飛行機の欠航に遭いました。この便で欠航に遭ったのは、2年前に水沢高校と福島高校に行ったとき以来、2回目です。

http://daikon-c.com/activity/2011/01/16121453.php

仙台から小松に帰る便が機材の故障のため欠航となり、便の振替の長蛇の列、40分くらい待たされて、その後の仙台-成田便、成田-小松便を乗り継いで帰りました。予定より、5時間遅れでの帰宅となりました。

仙台-小松便は、これで5回目の利用というか、5回利用予定があり、3回しか乗れていない飛行機です。2回は欠航でしたので、欠航遭遇率4割。とんでもない確率で、旅行社の方も同じ便で2回の欠航経験はないとか。

ページトップへ

離任式

2013.03.29 [愛媛] 松山南高等学校

松山南高校の田中です。

本日、離任式でした。

3年生の副担任でしたが、たくさんの卒業生が来てくれすごくうれしかった。

また、プレゼントまで!・・・

それからソフトテニス部の生徒、授業や進学指導等で関わった生徒が次々と訪れ最高に幸せな時間が過ごせました。

最後には、ダイコン班のみんなが来てくれて何とダイコンのアップリケがついた白衣をいただきました。

IMG_0719.JPG

 

IMG_0721.JPG

 このコンソーシアムに参加して、いろんなことを教わっていろんな体験をさせていただいて生徒だけでなく、自分自身も成長できました。とても感謝しています。

 松山南高校でSSHに関わり、チョウの多回交尾の研究、光発芽種子の研究、ブラックバスの採餌行動の研究などいろいろと生徒ともにやってきました。

東北大学の渡辺先生と出会い、このコンソーシアムや錦江湾高校とのお付き合いが始まりました。課題研究がダイコンオンリーになってしまいましたが、植物生理学会や国際シロイヌナズナ研究会議への参加など様々な行事に参加することができました。

また、学生科学賞や神奈川大学主催の科学論文大賞への応募、それから今年度は全国自作視聴覚教材コンテストでの受賞などたくさんの経験をすることができました。

このHPへ記事をアップすることも楽しみの一つとなりました。

SSH校ではない学校に赴任しますので、私自身がこのコンソーシアムに直接参加することはありませんが、同僚に頼んでおきましたので松山南高校の生徒は是非参加させてください。

渡辺先生や鹿児島大学の諸先生方、錦江湾高校讃岐先生、小松高校寺岸先生並びにお世話になった先生方、どうもありがとうございました。

 

 

ページトップへ

田中先生、今までありがとうございました!!

2013.03.27 [愛媛] 松山南高等学校

 

 

こんにちは、松山南高校の新3年 中川です。

初めてUPさせていただきます!

 

先日は植物生理学会に参加させていただき、

コンソーシアムとは違った雰囲気を味わうことができました。

私たちはもう3年生になるので研究は終わってしまいますが

私なんかよりずっと頼もしい後輩たちに受け継いでもらいます!!ww

 

そして、今まで私たちの研究を指導してくださった田中先生が

離任されることになってしまいました・・・。

 

そこでダイコン班全員から田中先生へメッセージを

ここに書かせていただきたいと思います。

 

 

田中先生へ

 

短い間でしたが先生と課題研究ができて学ぶことがたくさんありました。

他の学校では経験できないことができ、たくさんの人と出会えました。

どれも先生のおかげです。

私はもうあまり研究に関われる機会はないと思いますが、これまでの研究を

きちんと後輩に伝えたいと思います。

本当にありがとうございました!

                                        東 佑希子

 

1年間というほどではないですが、大変お世話になりました。

なにもわからない私たち1年生を丁寧にご指導くださってありがとうございました。

ダイコン班になれてよかったなと思います!!

先生とは研究の時くらいしか接する機会がありませんでしたが、

すごく内容の濃い思い出が出来ました。

先生はいつでも笑顔で明るいというイメージがあります\(^o^)/

これからも今まで通りの先生でいてください★

先生にご指導いただけてよかったです(^-^)

これからも班のみんなで協力して頑張ります!!

ありがとうございました☆

                                        大野 聖莉奈

梨紗 ダイコン.jpg

一年間という短い間どうもありがとうございました。

鹿児島ではいろいろとお世話になりましたし、

いい経験ができてよかったです!!

これからは私達でダイコンの研究を頑張っていきたいと思います。  

先生もこれからも先生というお仕事頑張ってください。          玉田画⇒

先生!!タ〇コはダメですよw

本当にありがとうございました。

                                        玉田 梨紗

 

いままで課題研究の指導をしてくださってありがとうございました。

ダイコンを育てて計測したり収穫して食べたりとても楽しかったです。

もっと先生と研究したかったので残念ですが

いままで本当にありがとうございました。

                                        田村 英大

 

9月から3月までたった半年だったけど本当にありがとうございました。

最初に思っていたよりも大根の研究はずっと大変で特に計測はすごく思い出深いです。

そしてこの大変だった計測の合間に先生が焼き芋を差し入れしてくれたことは

とても嬉しくて今でもいい思い出です。

他にも自分たちで育てた大根とみんなで持ち寄った材料で作ったおでんパーティーなど

楽しくていい経験もさせてもらいました。

大根の研究は大変ですが楽しいのでこれからもなんとか頑張っていこうと思います。

                                        三河 史弥

 

先生とはたくさんの思い出があります。

まず、研究を始めたときは田中先生にダイコンを「これでもか!!」

というほど勧められ(ww)正直しぶしぶ始めました。

でも、いざ研究を始めると、思っていたよりずっと楽しくて

今ではあの時からは考えられないくらい、『ダイコンヲタク』と言われるほどの

ダイコン好きになりましたww

鹿児島に初めて行った時は中央駅にポスターを忘れて先生を走らせてしまったり

またある時は慣れない土地で距離感がわからず長距離を歩かせてしまったり(途中、走りましたねww)

と、たくさんご迷惑おかけしました^_^;スーパーダイコン.jpg

この場を借りてお詫び申し上げますm(_ _)m

また、先生がいつでも温かく笑顔で見守ってくださっていたので

私たちは安心して楽しく研究を進めることができました。

心から感謝しています。

これからはとても寂しくなりますが、今度は受験に向けて勉強の方を

頑張ります!!                                中川作⇒

今まで本当にありがとうございました。                

北条高校に行かれても、私たちのことを忘れないでください。

そして、どうぞお元気で。。。

                                        中川 知奈実

 

今まで本当にお世話になりました。     ダイコン班一同

 

ページトップへ

植物生理学会に参加してきました!

2013.03.24 [愛媛] 松山南高等学校

 こんにちは

松山南高校の田中です。

岡山大学で行われた植物生理学会に参加してきました。

7:40松山市駅発の高速バスで移動し、岡山駅で乗り換え、11時頃には大学に着いていました。

IMG_0710.JPG

植物生理学会は、熊本以来の参加です。

ダイコン娘はほぼ3時間、休みなしで発表を頑張りました。

いつものことかもしれないけれど、高校生のシマがいつも一番賑わっています。

大阪の住吉高校の生徒は、質問するとiPADで説明してくれました。

また、錦江湾の女の子はもう手馴れたもので、「お前はセールスレディか?」と突っ込みたくなるほど上手にプレゼンしていました。

 小松高校 寺岸先生の記事にもあったように、残念ながら、本コンソーシアム関係の受賞はありませんでした。

まあ、それでも生徒たちは十分満足していました。

このプレゼンを通して、人とコミュニケーションすることの楽しさを感じてくれることが出来たので私も満足です。

人と議論をすることによって、「論理的に物事を考えたり」、「相手の立場にたって分かりやすく説明しようとしたり」することが大事なのですから。・・・・・・・

生きていくうえで最も大切なスキルですよね。

最後に錦江湾高校の生徒と記念撮影!

こっちを向いていないのは、横で讃岐先生が写真を取っているからです。

IMG_0711.JPG

松山に帰ってきたのは、10時頃でした。

 

ちなみに、3月16日(日)には日本で唯一高校に水族館及び水族館部のある愛媛県立長浜高校と部活動交流をしてきました。

IMG_0606.JPG

正門にはカクレクマノミのみこしがお出迎えです。

毎月、第3土曜日が一般公開の日で、いつも3月のこの時期に水族館を見学させてもらい

その後交流となります。

IMG_0616.JPG

 

IMG_0619.JPG

130種以上の魚と海岸動物がいます。

魚は、地元の淡水魚と海水魚、あとカラフルな熱帯魚もたくさんいます。

この高校ではカクレクマノミ(ニモ)の繁殖にも数年前から成功しています。

映画「ファインディング・ニモ」がブームだった頃、カクレクマノミは沖縄で乱獲にあいました。

そのときには、ここで繁殖させた稚魚を放流しにわざわざ行ったそうです。

2週間に1回の割合で産卵するらしく、ニモの赤ちゃんや卵も観察しました。

冷蔵庫には、なんと「クリオネ」さんもいました。

中庭には、なんとタッチプールが、・・・・・

IMG_0622.JPG

 

ドチザメを触っています。 地元の漁師さんがくれたそうです。 私も触ってみたところいわゆる「鮫肌」でした!

カブトガニも触れます。

ガイド役の生徒に、どっちがヒラメでどっちがカレイか質問しているおじさんがいました。

生徒が間違えていたので、「お前は左ヒラメに右カレイも知らんのか!」とそのおじさんが叱っていました。

あれ?どこかで聞いたことのある声?   知り合いの長浜高校の校長先生でした!

 

IMG_0636.JPG

その後は、今年で3年連続読売学生科学賞で入賞しているカクレクマノミの研究を長浜高校の生徒が口頭発表してくれました。

IMG_0637.JPG

 

なんと! クマノミの体表の粘液中にはクマノミの仲間だけが持つ特有のタンパク質があることを電気泳動で突き止めたのです。

そして、このタンパク質を指に塗ってハタゴイソギンチャクを触ると、・・・・・・・刺胞発射が抑制されるというのです。    すげー

そして、ふ化後このタンパク質を稚魚が獲得するまでの過程も。・・・・・・・・・・

へえー  面白い!   生徒たちも感激! 感動です!

その後は、さすがSSHで鍛えられただけあって、本校生徒から質問の嵐です。

 

 

IMG_0640.JPG

いつまでも終わらないくらい充実した質疑応答の時間が流れました。

長浜高校の先生と私(大学時代はアクアラングを担いで魚の行動を研究していた。先輩や後輩にはクマノミを研究していた人も多数)が話題に加わって、さらにディープな時間が流れました。

最後に、本校生徒の6班が別教室でポスター発表を行って相互交流が終わりました。

 

 

ページトップへ

植物生理学会に参加しました

2013.03.23 [石川] 小松高等学校

小松高校の寺岸です。
本日は岡山大学で植物生理学会に参加しました。ポスターは今朝印刷完了しました。
seirigakkai323.JPG
本校の結果は受賞なしです。
本コンソーシアムからは錦江湾高校、松山南高校、住吉高校、各務原西高校、本校の5校、8枚のポスターが並べて掲示され、ダイコンストリートができました。

323happyou.JPG他の学会よりも少ない17校、28テーマの参加でしたが、会場は大盛況で多くの研究者、大学院生、大学生が発表を見て、質疑をしていました。
私も何件かの発表を聴かせていただきましたが、勢いのある発表あり、モジモジした発表あり。高校生たちは、ちょっと細かい質問にもしっかりと受け答えしてくれました。いろいろな面で勉強になりました。
明後日はジュニア農芸化学会です。明日の午前に出発します。
今日、留守番組の長田マ、吉田マ、新谷あが、仕上げたようで、明朝の印刷です。
本日とは違う2テーマで、仕切りなおして勝負です。
連携各校の引率の先生方、研究会以外でこれだけ多く集まることができて、うれしかったです。また、いろいろな情報交換ありがとうございました。今後ともよろしくお願いします。
共同研究でお世話いただいた小畑先生、住吉高校の生徒さん達、ありがとうございました。



ページトップへ

1  2  3

各校の研究活動 トップへ

新着コメント

From:小松高校 寺岸(09/05)

打木源助ダイコン畑 播種しました。 8.24

From:小松高校 寺岸(09/05)

打木源助ダイコン畑 播種しました。 8.24

From:小松高校 徳井(09/02)

打木源助ダイコン畑 播種しました。 8.24

From:小松高校 久保田(09/01)

第1回 研究会 ありがとうございました。 小松高校

From:小松高校 竹田(08/31)

第1回 研究会 ありがとうございました。 小松高校

From:東北大・生命科学・渡辺(08/29)

鹿児島大学でコアSSH

From:東北大・生命科学・渡辺(08/29)

交流会参加中

From:東北大・生命科学・渡辺(08/29)

鹿児島大学でコアSSH

From:東北大・生命科学・渡辺(08/29)

コアSSH研究会に参加しました。

From:東北大・生命科学・渡辺(08/29)

コアSSH 参加しています。 小松高校

検索

ページトップへ

Special Thanks!

独立行政法人 科学技術振興機構 文部科学省 鹿児島県教育委員会

鹿児島大学 東北大学 九州大学 三重大学