文字サイズ小さく文字サイズ大きく 文字サイズ標準

HOME各校の研究活動 > 2013年2月 アーカイブ

2013年2月 の記事を表示しています

小松高校の寺岸です。

2月23日に行われました、岩手県立水沢高校のコアSSHアブラナ科報告会に参加してきました。本校は今年連携校に名を連ねていて、7月に続いての参加です。

mizusawakoukou225.JPGとはいえ、生徒は学年末考査中で参加が出来ず、私一人、単身での参加となりました。同じような理由で参加出来なかった学校さんもありました。

岩手県は、非常に気温が低くて、寒いというより、冷たかったです。路面もツルツルに凍結していて、1度転倒して尻もちをつきました。横手清陵高校さんのスライドでは、雪の量が紹介されていました。こんな環境で植物を育てるのは難しいですね。

samui225.JPG報告会は、各校3分ずつ、質疑応答無しの口頭発表から始まって、その後、4ブロック30分ずつのポスター発表会がありました。前半の口頭発表のおかげで、ポスターに対するツッコミどころを計画できたので、スムーズにポスターの質疑ができました。

本校からは、「セシウムが植物の成長におよぼす影響」のポスターと、県SSH発表会で口頭発表する映像のDVDを持っていきました。生徒は連れて行けなかったのですが、誰も立っていないポスターなのに、たくさんの生徒さん、先生方に見ていただきました。

DSCF8526.JPG報告会最後の講評では、水沢高校の高橋校長先生が、我々の研究を高く評価してくださいました。校長先生自身、前任校の大槌高校で被災し、生徒6名が亡くなり、ご自身の自宅も失われたそうです。そんな校長先生に、最後の講評の中で評価をいただけたのは、本当にうれしいです。

復興関係では、我々の他には会津学鳳高校が耐塩性をテーマに研究されていて、こちらも評価されていました。耐塩性は、この錦江湾のコンソーシアムでも共同研究が行われており、さらに連携の幅を広げられそうなものでした。まだ、スタートしてすぐの段階だと思いましたが。

錦江湾のコア、水沢のコア、両方に共通することですが。連携のメリットが多いと思います。プレゼンは場数を踏むのが1番です。しかも専門性が高い先生方からもアドバイスが受けられる。引率の先生方も、年々グレードアップしています。ツッコミも鋭いです。ただ、せっかく続けているのですから、先輩たちの研究を理解した上で継続研究をしてほしいものです。「先輩たちの研究なので、その部分はちょっと」と何度か聞きました。もったいないです。同じような研究をしている学校さんと、研究結果が異なる場合もあるかと思います。そんなときは是非議論を。その場で新たな考察が出来るかも知れません。この4年間、いろいろな研究会を見て来ていますが、生徒たちが元気に発表する姿、誇りを持って堂々と発表する姿は頼もしく感じます。

東北地方へは、この1年で3回行きました。3月のジュニア農芸化学会でも、東北大学で発表予定です。今回の出張では、いろいろな先生方や、地元の方とお話する機会があり、東日本大震災のお話、ご苦労されたお話もお聞きしました。震災から2年、復興が進み、街が変わり、ヒトが変わり、その中でいろいろな考え方がうまれていることを実感しました。実は、震災前の1月に1度東北地方へ行っているので、震災前の様子を記憶しています。そんなこともあってか、今回の出張は、自分が何をするべきかを、もう1度見つめ直す機会になったような気がします。

 

sendaikuukou225.JPG 

 

 

 

 

せっかくなので・・・ここからは番外編です。

①お土産物コーナーに「××の恋人」って、最近増えていませんか?「面白い恋人」が皮切りだと思いますが。この出張中にも、岩手の恋人、平泉の恋人、宮城の恋人を見かけました。ちなみに、webで少し検索すると、××に入る地名は、「北海道、秋田、平泉、岩手、宮城、庄内、松島、福島、鶴岡、茨城、群馬、千葉、静岡、富士、横浜、伊豆、黒部、飛騨、三重、紀州、京都、大阪、通天閣、道頓堀、奈良、元町」と、たくさんあります。本家の北海道にもあるんですね。加賀の恋人もあります。

koibito225.JPG地名ではないものなら「どあら、二次元、雪の、浜辺の、みどりの」など。赤い恋人は明太こんにゃく、黒い恋人は黒豆、五郎の恋人はイチゴです。

どこまで出てくるのでしょうか。九州にもあるのでしょうか?

②仙台で金華サバを食べました。脂がのっていて、1度は食べてみたかった食材です。横に「青丸紅芯」が付いていました。まるでスイカのように見えますね。仙台市内のスーパーには、山菜も並んでいました。外は寒いのですが、そんな時期になってきているのですね。

kinkasabaaomaru225.JPG③岩手県にもゆるキャラがありますよね。「わんこそば」がテーマのようです。小松市のカブッキーはゆるキャラグランプリでは39位、石川県内ではトップでした。グランプリは「ばりいさん」ですね。渡辺正夫先生の故郷、今治のゆるキャラです。なぜか仙台市内のゲームセンターのゲームの中におさまっていました。「くまもん」が全国展開しているのと同じことでしょうか。

yurukyara225.JPG

④受験シーズンですね。仙台駅では、東北大学の応援団が寒そうな格好で受験生を応援していました。ホテルには大学への交通案内も。受験生、頑張ってください。

ouenjuken225.JPG

 

ページトップへ

福井県合同課題研究発表会

2013.02.19 [石川] 小松高等学校

小松高校の寺岸です。150回記念、妙な記事だったので、お口直しになるかどうかはわかりませんが・・・

福井県の合同課題研究発表会に参加してきました。と言っても、見学ですが。

fukui kadaikenkyu.JPGまず会場に驚きました。アオッサ福井 http://www.aossa.jp/ という複合施設のビルの6Fと8Fでした。「アオッサ」は小松でも使う言葉で、「会おうよ」という意味でしょうか。福井駅から徒歩1分くらいで、待ち合わせに使って欲しいというコンセプトのようです。
発表会は非常に盛大な大会で、中でも小学生から高校生までの幅広い参加、そして保護者の参加が多いことに驚きました。
中学生の発表も堂々としていて。小学生のポスター発表の元気良さも。
高校生では、ポスターの前で活き活きと発表する生徒たちの姿には、モチベーションの高さと、自分自身の研究に対する誇りを感じました。
発表者のみならず、聞いている生徒もよく質問していて、しかも的外れでは無いものが多く、素晴らしいと思いました。
プレゼンテーション能力は、まさにこのようなコミュニケーションから生まれると思います。さすが、教育県「福井」。

fukuihappyoukai.JPG植物を題材にした発表も多く、中には「カイワレ」を用いた素朴な研究もありました。是非、室外での栽培もと思いました。セイタカアワダチソウの研究では、「二十日ダイコン」も。
こうしてみると、アブラナ科植物、大根の仲間は、いろいろな研究で使いやすい題材なんだなと、改めて感じました。ちなみに、今年度は、石川県の泉丘高校でも「カイワレ」の研究がありました。

これは・・・と思った研究は、武生高校さんの「野菜とお湯洗浄の効果」で、荒削りなだけにこれからの発展性を感じました。ちなみに、私は「50度洗い」を知りませんでした。

ページトップへ

150回記念

2013.02.18 [石川] 小松高等学校

はいっ、連携校のみなさん、こんにちはー。相も変わらず長田㋮です。

さぁ、ついにこの日がやってきました!!!!!!

小松高校生物部のあっぷ数が150を迎えました\(^o^)

これも、連携校の皆様あってのことでございます。

 

そこで今回は

あっぷ数150到達記念―

けりゃいいってもんじゃないぞ(`・ω・´)SP

をお送りします。

 

(いやー。150記事...。まぁ、よしたま・ながたまの うん...。 な記事もありましたが...。それにしても多い...。 Byよしたま)

 

ということで始まった今回のSPですが、はっきりいって、完全に見切り発車です。

ここで終わってもいいくらいです。

150到達といっても、ここ最近内容がどんどん薄くなっていっています。

  218 2nensei.JPG

2181nensei.JPG

IMG_6660.JPG

 

ページトップへ

ついに計画が本格的に始動した。

 

決行日は3月1日。

具材〆切は227日、ということらしい。

 

坂口まは、すでにキジ捕獲のための罠をしかけているとの噂だ。

 

部内では、賛成派(寺岸先生)と計画倒れ派(部員)との間でゆるーい論争が繰り広げられている。

個人的には、昨日おでんを食べたばかりなので、もう満足している(°◇°

 

DSCF8267.JPG学年末考査や3月の学会の準備に追われ、この計画はきっと忘れられてしまうだろう。

これからも過度な期待はせずに、なまあたたかく見守ってやってくれ。

 

 では、次回、記念すべき小松高校150個目の記事でお会いしよう。

 

Ps.もうすぐ前期試験。3年生が息抜きがてら遊びに来た。ちょっと壊れている様子。

 

DSCF8391.JPG                                                          担当:最近キャラがぶれている長田㋮

 

ページトップへ

校内ポスター発表会

2013.02.12 [石川] 小松高等学校

こんにちは。

小松高校生物部の山口です。おひさしぶりです。

 

だいぶ時が経ってしまいましたが、長田㋮があっぷした渡辺先生来校の記事の続きを語りたいと思います。

 

25日金曜日の5限目に、私たち2年理数科の課題研究ポスター発表会があり、渡辺先生も参加してくださいました。

 

posuta-125.JPGポスター発表会では、10班の課題研究班が、1年理数科の生徒と、渡辺先生をはじめとする外部の先生方、本校の先生方に対して、発表を行いました。

発表会では、生徒同士で意見しあったり、先生方が鋭い質問やアドバイスをしてくださったりして、私たち2年生にとってとても有意義な時間になりました。

 

発表中は緊張もすごくて、先生方の質問に対して、答えになっているのかも分らないような回答をしているうちに終わってしまったような感じでした。渡辺先生には、「なんか泣きそうやったやんか!!」と言われてしまいました。そんなに情けない様子になっていたとは...残念です。反省して、次からはしっかりつっこみに対応したいです。

DSCF8221.JPG 

渡辺先生は、円周率に関する研究班と、電車の騒音の計測に関する研究班の発表をご覧になっていました。騒音の班の研究には、たくさんの質問をされていたようでした。そして、最後はやはり、クラスで唯一の野球部員に、とても楽しそうにからんでいました。

 

緊張で、わけも分からないようなうちに終わってしまったポスター発表会でしたが、いい経験になりました。

この発表会の反省をいかして、今後もっとかっこいいポスター発表ができるように頑張りたいです。

 

2.2hojou.JPGのサムネール画像

2.9 hojou.JPG

ページトップへ

1  2

各校の研究活動 トップへ

新着コメント

From:小松高校 寺岸(09/05)

打木源助ダイコン畑 播種しました。 8.24

From:小松高校 寺岸(09/05)

打木源助ダイコン畑 播種しました。 8.24

From:小松高校 徳井(09/02)

打木源助ダイコン畑 播種しました。 8.24

From:小松高校 久保田(09/01)

第1回 研究会 ありがとうございました。 小松高校

From:小松高校 竹田(08/31)

第1回 研究会 ありがとうございました。 小松高校

From:東北大・生命科学・渡辺(08/29)

鹿児島大学でコアSSH

From:東北大・生命科学・渡辺(08/29)

交流会参加中

From:東北大・生命科学・渡辺(08/29)

鹿児島大学でコアSSH

From:東北大・生命科学・渡辺(08/29)

コアSSH研究会に参加しました。

From:東北大・生命科学・渡辺(08/29)

コアSSH 参加しています。 小松高校

検索

ページトップへ

Special Thanks!

独立行政法人 科学技術振興機構 文部科学省 鹿児島県教育委員会

鹿児島大学 東北大学 九州大学 三重大学