文字サイズ小さく文字サイズ大きく 文字サイズ標準

HOME各校の研究活動 > 2011年4月 アーカイブ

2011年4月 の記事を表示しています

連休

2011.04.28 [石川] 小松高等学校

小松高校では課題研究が始まりました。

ダイコングループは、昨日、4時間がかりでダイコンの発芽種子の播種と、実験装置の設置をおこないました。まだまだ不慣れなため、時間がかかりました。

課題研究4.27.jpg本年度はこのグループで韓国での研究発表が予定されているので、これまでの室内実験だけではなく、韓国のダイコンについて調べたり、ハマダイコンの調査を行ったり、より幅を広げた活動を考えています。

源助 桜島 比較.jpg

屋外の畑のダイコンは花が散り始めています。源助ダイコンで非常に大きな個体があったので、計測をしたところ、桜島ダイコンとほぼ同じサイズでした。

連休中に、昨日セットした実験装置のダイコンの計測を行います。また、昨年度、日高高校さんの研究で、小松産のハマダイコンと、和歌山産のハマダイコンで葉の形状が異なるとのことでしたので、小松市のハマダイコンの葉の形状を調査したいと思います。もし、韓国のハマダイコンの葉の形状も、韓国の交流校の方に調査してもらうことができれば、比較をして考察したいと思います。

小松産ハマダイコンを4個体採取しましたので、写真をupさせていただきます。

もし、お気付きの点、調査をするにあたって調べた方が良い点がございましたらご教示ください。

ちなみに、今回の調査では、写真の個体①~③のタイプ(葉の切れ込みが大きい)と、個体④(丸葉)を、茎の下部の葉の形状で分類したいとおもっております。

hamadaikon1.jpg個体①(葉の切れ込みが大きい)です。

hamadaikon2.jpg個体②(葉の切れ込みが大きい)です。

hamadaikon3.jpg個体③(葉の切れ込みが大きい)です。

  hamadaikon4.jpg個体④(丸葉)です。

ページトップへ

今年度の活動開始

2011.04.20 [愛媛] 松山南高等学校

 こんにちは 愛媛県立松山南高等学校です。

今年最初のスーパーサイエンス(課題研究)の時間が始まりました。

昨年、1昨年とケールとブロッコリーの交配実験を続けてきましたが、F1とF2を作ったので、今年はF3を作ってみようかと考えています。ただし、春休みにあまり活動しなかったのでF3がきちんとできるかどうかが不安。・・・・・・・・・・

花期が終わってしまう。・・・・・・・・・

昨年たくさん作ったダイコンのF1は、最後に根長や胚軸長を測定するために全部引っこ抜いてしまって残っていません。

生徒が全部持って帰ったり、他の先生にあげたりしていました。

次の交配実験はどうなるんや?

 

しまったと思っても後の祭りでした。

 測定後、いくつかは交配や今後のために栽培しておくべきでした。

花壇にF2ケールやF2ブロッコリーは少し残しておいたので、それを人工交配しています。

F3ができてほしい。・・・・・

一応今年度のテーマは、アブラナ科植物の自家不和合成が完全に成立するのかどうか、人工的に自家受精と他家受精を行い、比較してみようと思っています。

また、昨年度のダイコンの研究は、比較的面白い結果が出たものの、データ量が乏しく、きちんと立証できるのか不安だったので、データを増やしたいと考えています。

ただし、今年はF1を作っていないので、交配親のみ栽培し比較用のデータを取るしかありません。

ちょっとミスってしまいました。

今年度の担当生徒とできることを再検討し、頑張りたいと思います。

今年の学校の花壇(一応圃場と呼んでいる)の様子です。  IMG_4529.JPG

写っているのは、作業中の長田君です。

IMG_4531.JPG

ダイコンの花とその証拠です。

IMG_4532.JPG

ブロッコリーの花です。 IMG_4530.JPG

ページトップへ

花を数えてます

2011.04.20 [石川] 小松高等学校

小松高校の寺岸です。

いよいよ本年度の活動が本格的に始まりました。

DSCF4972.JPGダイコン畑の花が盛りを迎えています。自家不和合性の違いを品種ごとに見ようとしています。まずは、花の数を数え、それに対して出来る種子(さや)の数を数えて割合を出そうかと。

ものすごく些細なことかもしれませんが、昨年度、品種ごとに種子(さや)の数の偏りが見られたような気がするもので・・・

ハマダイコンの方も、花の盛りを迎えた場所(下の4枚の写真)があります。

ハマダイコン 4.20.jpgこちらは地区ごとに盛りの時期が違うのか、それとも毎年行われているゴールデンウィークの徹底除草作業によって駆除されてしまったのか、去年多く見られた場所に花が見られない状態になっています。少し気になります。

DSCF4983.JPG

この場所は、以前から報告している、北陸自動車道付近の「小松鉄工団地」の一角です。ご覧の看板が立っているように、恐らく、自衛隊が近いせいか国有地になっています。フェンスに囲まれていて、誰の手も入っていない雰囲気です。調査目的であれば侵入出来るのでしょうか?

ページトップへ

ハマダイコンが咲いています

2011.04.16 [石川] 小松高等学校

小松高校の寺岸です。

通勤途中の道路の脇のハマダイコンが咲き始めました。

ハマダイコン.jpg高さ30cmくらいの低い個体がまばらに咲いています。ピークは5月の連休あたりになとうかと思いますが、その頃には一面にハマダイコンの花が咲きます。高さは80cmくらいにはなります。今咲いている花は早咲きでしょうか?例年、もっとたくさん咲くエリアでは、まったく花は咲いていません。

また、温室内に造った畑では、雨や風の影響がないせいか、守口ダイコンと桜島ダイコンが大量の花をつけていました。

温室サクラ.jpg 温室もり.jpg自家不和合性を調べようかと思い、花の数をカウントしようと思っていたのですが、根性なしなので断念しました。

この個体は、12月に播種した個体のためか、いわゆるダイコンとよばれる部分はほとんど成長していません。地上部には太い茎と大きな葉、そして大量の花をつけています。ちなみに高さは150cmを超えています。

本年度、寺岸は課題研究の中で大根の研究グループを指導することになりました。そして、SSHの海外交流として、韓国の大田科学高校でその結果を発表するという大役まで背負ってしまいました。韓国で大根といえばカクテキでしょうか。他にはあまり思いつかないのですが、この2年間の研究の成果を発展、深化させていくことを第一に考えようと思います。

 

DSCF4962.JPG生物実験室前の廊下の壁に、植物生理学会(仙台)で発表予定だった3枚のポスターを掲示しました。あまり生徒は見てくれませんが、これを見て少しでも興味をもった生徒が生物部に入部し、大根の研究をいっしょにしてくれたらありがたいです。ちなみに、今年度の進入部員は三名でした。途中入部に期待します。

ページトップへ

新年度ですね

2011.04.04 [石川] 小松高等学校

小松高校の寺岸です。

いよいよ新年度がスタートしました。とはいえ、生徒は4月8日の始業式からですが・・・

ということで、本校生物部は休眠状態に入っています。本年度こそは、なかなか主体的な取組が見られないこの現状を、何とか打開したいです。

 

外のダイコン.jpgダイコンたちはすくすく成長して、かなり大きく成長しています。いいよ茎が伸びて開花する個体が増えてきました。

 

温室内.jpg本年度は、11月から12月にかけて、眠っていた温室に土を入れて、温室の機能は失われていますが、雪はしのげる状態の畑を作ることができました。この中でも、立派に「桜島ダイコン」と「守口ダイコン」が育ちました。高さは1mくらいです。

現在、通勤途中にもいろいろな花が咲いていたり、地面が緑に覆われ始めたり、いろいろな変化が見られます。昨年度ハマダイコンを採取した場所にもロゼット型の草本がたくさん生えていました。ハマダイコンかどうかはわからないのですが、写真を何枚か撮りました。

ハマダイコン.jpg東北大学の渡辺先生、福島高校の橋爪先生には、大変お忙しい中、被災地の現状を伝えていただいております。まもなく、石川県内の学校には新入生をはじめ、生徒たちが登校してきます。授業の中で、いろいろな真実を、数多くの生徒たちに伝えることを目標に、1学期を取り組んでいきたいと思っております。

ページトップへ

1

各校の研究活動 トップへ

新着コメント

From:小松高校 寺岸(09/05)

打木源助ダイコン畑 播種しました。 8.24

From:小松高校 寺岸(09/05)

打木源助ダイコン畑 播種しました。 8.24

From:小松高校 徳井(09/02)

打木源助ダイコン畑 播種しました。 8.24

From:小松高校 久保田(09/01)

第1回 研究会 ありがとうございました。 小松高校

From:小松高校 竹田(08/31)

第1回 研究会 ありがとうございました。 小松高校

From:東北大・生命科学・渡辺(08/29)

鹿児島大学でコアSSH

From:東北大・生命科学・渡辺(08/29)

交流会参加中

From:東北大・生命科学・渡辺(08/29)

鹿児島大学でコアSSH

From:東北大・生命科学・渡辺(08/29)

コアSSH研究会に参加しました。

From:東北大・生命科学・渡辺(08/29)

コアSSH 参加しています。 小松高校

検索

ページトップへ

Special Thanks!

独立行政法人 科学技術振興機構 文部科学省 鹿児島県教育委員会

鹿児島大学 東北大学 九州大学 三重大学