文字サイズ小さく文字サイズ大きく 文字サイズ標準

HOME各校の研究活動 > 2011年2月 アーカイブ

2011年2月 の記事を表示しています

ダイコンの葉

2011.02.23 [石川] 小松高等学校

小松高校の寺岸です。

生徒たちは現在試験前で活動休止中ですが、ダイコンの初期生長実験は継続中です。 初期生長 実験装置.jpg畑のダイコンも無事が確認されましたが、葉はぼろぼろで計測には適さない状況です。桜島ダイコンも、すべてではないのですが、丸くて白く生長しています。

 

ダイコン畑の様子緑ペン.jpgと思いながらダイコンを観察しているのですが、スーパーで、またまた気になるダイコンを発見し、買ってしまいました。

 

「葉付きダイコン」という名前で販売されていたこのダイコン。その名の通り葉が付いていましたが、驚いたのはその美しさです。

葉付きダイコン.jpg

石川県産とのことですので、この雪の多い北陸地方で育った大根でしょう。しかし、この雪の下でどのようにして美しい葉を保っていたのか。本校の大根は写真でもご覧の通りの様子です。

葉の拡大.jpg栽培していて感じるのですが、ビニールハウスのような環境での栽培も適していないような感じがしますし・・・でもビニールハウスなのかなぁ。。。

通常のダイコンとして販売されているものはだいたい1本98円くらいなので、198円は倍くらいの価格です。

このあたり(石川県)以外でも、このようにわざわざ葉を付けた状態で販売されている割高なダイコンはあるのでしょうか?

ちょっと気になりました。

ページトップへ

ダイコンは無事でした

2011.02.17 [石川] 小松高等学校

ようやく畑の雪が解けて、ダイコンたちが再び顔を出してきました。

daikon yukidoke.jpg

daikon yukidoke0.jpg

葉はしおれてしまっていますが、何とか生きていそうです。

DSCF4295.JPG

発光板の内の1枚が故障しましたが、新たに1枚を製作しました。初期生長の計測や、発芽の観察から、現在、要旨の作成中です。

DSCF4322.JPG

 

 

まだまだ実験を重ねる必要があります。

 

発芽実験は1回48時間、初期生長実験は1回で5日間の経過をみます。

 

発表当日まで、あと何回観察が行えることか。

 

 

 

hoya.jpg

東北名物?のホヤの塩辛も食べてがんばっています。冬はおいしい季節です。

郷土料理.jpg

寒い地方の方はご存じかと思いますが、タラの白子の酢の物です。好き嫌いが激しいと思いますが、冬ならではの食べ物です。石川県産と宮城県産が並んで販売されていました。東北仙台でも食べられているのでしょうか。「治部煮」は加賀料理の代表格です。鴨肉料理です。

植物生理学会の要旨締切が明日にせまっています。みなさん、もうひと頑張りしましょう。

ページトップへ

本年度最後の収穫

2011.02.03 [愛媛] 松山南高等学校

 松山南高校の田中です。

 昨日、スーパーサイエンス(課題研究)で土袋栽培のダイコンをすべて収穫しました。

これがその画像です。

 

IMG_4332.JPGやはり、肥料、日当たり(校舎間)等が十分ではないせいでしょうか、せいぜいこの程度でした。

後、間引きを上手にして土袋1つあたり、1~2株くらいが適当でしょうか?

来年度はもう少し上手にしてみます。 あと、栽培者の愛情が少なかったのかな?・・・・・・

今回は、生徒任せにしてしまったので試食会はせず、どうも職員室の先生方に配っていたみたい。・・・・・・・  喜ぶかなあ?・・・・・・・・・・

とりあえず、交配親とハイブリッドの根の全長、全幅、下胚軸長(東北大の渡辺先生に教えていただいたように、 葉との境目~食用部の側部から根が出始めているところまで)を計測しました。

IMG_4347.JPG IMG_4348.JPG写真は生徒が撮ったのでへたくそです。(すみません)

一応、データは取ったのですが、肥大成長が十分でなく、いわゆるダイコンらしい形をしていないものも、結構ありました。

特に、前回の収穫時はそういったものが多かった。・・・・・・・

全幅が30mmを超えた個体にしぼって、データを並べるとnが小さすぎて・・・・・

うーん どうしようかと思いましたが、今度の植物生理学会で発表の中に入れたいと思います。

さて、どうなることやら。・・・・

 

 

ページトップへ

1.31 雪で休校  ダイコン畑は・・・・

2011.02.02 [石川] 小松高等学校

小松高校の寺岸です。

1月31日、小松高校は雪のためJR北陸本線が全日運休になったため、休校となってしまいました。

JRは前日の30日夜に福井と敦賀の間で特急が数本、駅に停車した状態で一夜を明かしたようで、その列車は、復旧された昨日2月1日の未明に目的地に到着したようです。中には、私大入試に向かう受験生もいたとか。どんな対応になるのか心配です。

道路.jpg

 

また、全国ニュースにもなっていましたが、北陸自動車道や国道8号線でも1000台近い車が閉じ込められてしまったようです。

北陸地方は雪国と呼ばれていますが、ここ数年雪が少なかったためか、感覚が麻痺して、雪国としての認識が甘くなり、対応が遅れたのではないでしょうか。

私も小さい頃は、毎年のように雪の壁の間を通学したり、二階から雪の上に飛び降りたりした記憶がありますが、ここ最近は年に2~3回雪かきをする程度でした。

それにしても今回の雪は、降るスピードが速かったです。JRが止まったり、道路に車が立ち往生した原因はそこにあったのかもしれません。

 

乗用車.jpg

 

私の自宅に置いた自家用車で観察をしてみました。29日の昼に駐車し、30日の22:00に移動しました。みるみる雪が積もり、車が埋もれていきました。

私の自宅前には砂利のムダな敷地があります。車をキッチリ入れると5~7台は駐められそうな広さですが、今回は雪かきが大変でした。しかも、自宅から県道までは細道が30m程度あり、そちらの除雪もしないと道路までたどり着けません。雪かきもそうですが、雪捨ても大変で、なかなかスペースがありません。長靴で踏みしめながら、雪山を造りました。標高2mの山が3つ。しっかり踏みしめてあるので大人が乗っても大丈夫でした。穴をあけてカマクラにしたり、子供は喜んではしゃいでいました。

 

自宅.jpg

 

30日の13:00~15:00、16:00~17:00で一度すべての除雪を完了し、夕食後、19時に外を見ると再び30~40cmの積雪。19:00~22:00にすべて除雪し、朝はしっかりと出勤できると思いながら就寝し、起きて外をみると再び40cm以上の積雪。31日、5:00~7:00の除雪作業を終えて出勤しました。

 

1.31 駐車場.jpg学校に到着すると、駐車場は除雪車が雪をどけた形跡があるのですが、非常に中途半端で十分な駐車スペースが確保されていません。ダイコン畑も大変な状況に。7時25分に休校が決定。9時半から職員総出で駐車場の雪かきです。

 

1.31 除雪作業.jpg

 

無残にも、みんなでダイコン畑に雪を積み上げていきます。ダイコン畑の上には1m以上の雪。ところで皆さんは降雪量と積雪量の違いはおわかりでしょうか?実は、かなり違うのですよ。

先の写真でも見ていただけるかもれませんが、雪かきをしないと、上から降った雪によって押さえつけられてどんどん圧縮されていきます。30cmの雪の上に30cm分の雪が降っても60cmにはならないのです。下方の雪は、非常に重いのです。すなわち、雪かきによって積み上げられた1mの雪は、とてつもなく重い雪です。ダイコン、万事休すか・・・

学校が休校になったため、この日はお休みをとって自宅の除雪を4時間程度行いました。帰宅途中にはハマダイコンの採集地の観察も行いました。

 

ハマダイコン採集地.jpg

 

昨日からは日中の気温も上がり、雨も降りました。しかし、放射冷却で朝晩は冷えます。今日の出勤時は-3度でした。路面は凍結し、学校の玄関前も凍結して危険な状態になっていました。

 

凍結 2.2.jpgこれから、昼に雪が少しとけて、夜から朝にかけて凍結する、イヤなサイクルを繰り返しそうです。ダイコン畑が顔を出すのはいつのことになるのやら・・・まだ、データはとらなければならないし、種も採りたかったのに・・・・・

 

ページトップへ

1

各校の研究活動 トップへ

新着コメント

From:小松高校 寺岸(09/05)

打木源助ダイコン畑 播種しました。 8.24

From:小松高校 寺岸(09/05)

打木源助ダイコン畑 播種しました。 8.24

From:小松高校 徳井(09/02)

打木源助ダイコン畑 播種しました。 8.24

From:小松高校 久保田(09/01)

第1回 研究会 ありがとうございました。 小松高校

From:小松高校 竹田(08/31)

第1回 研究会 ありがとうございました。 小松高校

From:東北大・生命科学・渡辺(08/29)

鹿児島大学でコアSSH

From:東北大・生命科学・渡辺(08/29)

交流会参加中

From:東北大・生命科学・渡辺(08/29)

鹿児島大学でコアSSH

From:東北大・生命科学・渡辺(08/29)

コアSSH研究会に参加しました。

From:東北大・生命科学・渡辺(08/29)

コアSSH 参加しています。 小松高校

検索

ページトップへ

Special Thanks!

独立行政法人 科学技術振興機構 文部科学省 鹿児島県教育委員会

鹿児島大学 東北大学 九州大学 三重大学